旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

WHO と代替医療

最近、ものすごい強運により、
WHOの代替医療&統合医療プロジェクトのオフィサーの先生となぜか会うことができました。マジで偶然すぎる形で。

WHOも最近はとても代替医療や統合医療に力を入れていて、
最近でも中医学の診断クライテリアがWHOにより標準化されるという話がありましたが、

それと同じように、
他の医学の病名や診断のターミノロジーの翻訳作業が今行われているとのことです。

もちろんシッダ医学も!!(これはビビった)

とりあえず報告はそんな感じですw

っていうか先生めちゃくちゃ素敵な人だった・・・。忙しいのに時間を作って約束通りあってくれて
(母は「インド人なのに約束守る人がいるって知れてよかったわね!」と言っていたけど)
人の上に立つ人というのは、人に敬意をもって接する方なんだなと。


生き方が、うた

Poster 1



超!!!!!おすすめ。
バウルのリトリートがまた2月3−10日まであるそうです。むっちゃ先なんですけど・・・。


バウルのうたは心じゃなくて身体でもなくて魂でもなくて・・
わたしを作っている 細胞の核、みたいなものに響く
音が 振動が 細胞の一つ一つの隅々まで届いて それは 
宇宙を見ることと似ている。解き放たれる。あーいきたい。
っていうか6月にも公演が日本であるんです。



バウルのうたがこれほどに打つのは、生き方が歌だからなんだと思う。
発声練習とかボーカルレッスンとか体力作りとか・・・そんなレベルじゃない
もう生きているそのものが歌なのだから
これほどにまで 歌と繋がれる人たちが存在しているなんて。。。
からだ 呼吸 そのものが 歌。
生きることがそのまんま、歌。

人生変わるレベルなので是非とも。行ける方は行ってみてください。(公演だけでも)



はあ〜〜〜いいな〜〜〜。

大切なものだけを大切にして生きていきたいのにな。




あ、大学院は修士論文とインターンが終わらず超やばいです。
卒業延期・・・っていうかできるのか!!!????????





 

テクノロジーで古代インドの叡智を生かすw

こんなすごい大げさなタイトルですけど、なんか最近おもいます。

私はアメリカに。
ナーディリーダークベランはインドに。

だけど普通に日本在住日本人の方のためのナーディリーディングやってる。

What's App (ラインの国際バージョン)使いながら。
結果はPDFメール送付。

これって今の時代しか絶対できませんよね!!!!すげえ時代!

 
そういや先々週に「難民をどうやってテクノロジーで助けるか」イベントがブラウンで開催されてました。 

あと今まで私が知ったイケてるテクノロジー利用IN インドは

・ナノテクノロジーでシッダの水銀の薬分析(Indian Institute of Technology)
・ナノテクノロジーでホメオパシー分析
・シッダ医学の重要な文献であるヤシの葉を、データ保存するプロジェクト
(しかも読みにくい字を修正して保存!)



私がいた頃には
こんな感じだったシッダ医科大が
 
SSMCsanthigiri_siddha_medical_college_hospital_students



今はこんな感じに

↓↓

ssmc3
ssmc1
ssmc4
 

なんかパソコン導入してるし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!衝撃的。



これからどうなってくんだろ〜。古代叡智にテクノロジー活用。楽しいな。 

何処へ行く?









ライフ

「ヒ素が飲み水に含まれてるのは大問題だけど、
その過程はスッッッッゴイ複雑だから井戸を深く掘ればいいってわけでもなくて、・・・・」
「バングラデシュには、アーユルヴェーダとかあるの?」
「これが中国の太鼓だよ!!踊ってるみたいでしょ」
「シッダ医学は水銀とかヒ素を使うけど、完全に加工するんだよ〜」
「なるほど!!その分子を完全に変えるんだね!納得。中国医学も色々使うしね」

そんな、化学とか、科学とか、 文化とか伝統とか国籍が入り混じりまくった会話しながら

日本太鼓見てきました。こんな感じ。
めちゃくそレベル高かったし、シンプルで説得力のある太鼓でめっちゃ元気になれたし、
これだけのクオリティを作り上げることができる人たちがいるブラウンをまた好きになったと思う。

この前は、医療に貢献するアーティストの活動が見れて、
昨日は国連や難民保護活動をしている人たちと直接話して、
難民保護プロジェクトを実際に作るというイベントに行ったり、

一昨日はいろんなPhD生たちと国も伝統も文化もサイエンスも医療もシッダもいろんな入り混じり話をして和太鼓。

こういう日々(ほとんどないですけどね。みんな忙しいし)

ただただ
ありがたいと思う。




ふたつの方向

※このブログはもともと日記でメモなのであしからず。勝手にメモります。

ふたつの方向に動くのが大事。

・代替医療をまともに測れるメジャーメントや、
代替医療の研究ガイドラインなど、
モダン科学の方向から、代替医療に向かう方向性と、

・シッダ医学の知恵を使って、
現代のパブリックヘルスに貢献できることをしてくこと。
 

または、

・臨床研究(つまり臨床をしながら研究するw)
・政策づくり

の両方。

または、

・医学
・文化

の両方。

または、

・インドの伝統的なことをしている人たちの健康づくり(糖尿・高血圧・・やりたいなあ!)
・日本

の両方。



ふたつの方向性を同時にやってくのが大事。

そして全く不可能じゃない。

代替医療のリサーチガイドラインづくりやりたいなあ・・・・。 
科学的分析なんかよりも、
エビデンス重視・結果重視の傾向が出てきてるので、 
それに乗っかれば代替医療も余裕で同じように測れるんですけど、
現実には、リサーチのヒエラルキー
(RCTが一番強い。でも代替医療もRCT普通にできますけど・・・) 
とかがあって、従来の方法では計測するのが難しいという考えはある。

だから両方同時にやりたいなー。

その前に修論とインターンか・・・。 

医療&アート (ASaP)

えーっと、ブラウンには、科学 X アート な団体があります。
そこの主催で、医療&アートイベントに行ってきました。
http://www.asap-brown.org/2018-beauty-in-the-space-of-medicine-and-art/

まずは、パーキンソン病の方とダンス!(Dance for PD)


これめっちゃよかったです。
椅子に座ったり立ったりしてダンスするんですが、シンプルな動きなので私みたいにダンス音痴すぎる人でもついていけるし、それでいてちゃんと本格的なダンスなんです。
内容も、みんなが知ってる歌を歌いながらやったり、
自分で振り付けを考えて動いてみたり、
ペアになってオリンピック音楽をかけてオリンピックの競技を真似して振り付けてみて
それを当てあいっこしたり、
ペアの相手をエスコートしてあげたり、
みんなで最後は手をつないで、一体感があって、自分もみんなの一部なんだ〜!=生きてていいな!
と思えました。

コミュニティダンスってこんなに自分に自信をもたらしてくれるのか!とびっくりしました。

 体が動けなかったりすると、どんどん自信がなくなって、外にも出づらくなったり・・・
だけどこのダンスはちゃんとしたダンスインストラクターが指導してくれるので、
本当にちゃんとしたダンスで、こんなにいっぱい色々できるんだ!と身体的な自信がつくし
しかもクリエイティブ!!自分だけのユニークな振り付けをつけることでまた心も嬉しい。
誰かとパートナーになったり、みんなで一体になったりするので、自分が必要とされてると感じる。
そして自分と似てる人たちにも出会える!

そんなことより、純粋にめっちゃ楽しい💘

めっちゃ良いプログラムだと思いました。

日本では、東京で、ダンサー向けに、6月、3日間のワークショップを行うそうです。
World Parkinson Dayのフォーラムが京都であるらしいです。

めっちゃ良いプログラムなので是非とも広まってほしくて、私も貢献したいですが、
何かもう既に日本でもいろいろ進んでるみたいですので乞うご期待!!!!!!!!!
超おすすめ。私ダンス大嫌いですけど楽しかったっす!!!!!!


次は、Robert Houser というフォトグラファーさんの、がん患者のポートレイト。

ここでちょっと見れます。

実際に患者さんを写真で撮って、リアルタイムで見せてもらったのですが、
めちゃめちゃ生気に満ちて、美人で、明るくて、素敵な感じに撮れるんです。しかも太陽光だけで!
がん患者=生気がない、やせ細っている、というイメージを覆す美しさで、
圧倒的にその人が持っている「生」を引き出してくれてます。
すごすぎます技術って!!!!!!!!!
これによってたくさんの患者さんが励まされていくこと。
めちゃくちゃ大事。


荒木経惟も似たような企画昔やってましたね。
生を撮る天才ですからね。




とこんな感じで、面白い試みを試食できて超幸せ。
でも、科学的立場から行くと「根拠は」「ほー美しいと反応してるだけじゃ説得力がない」
とか思われるんだろうな。
でも、公衆衛生のスキルにより、
がん患者や、パーキンソン患者のQOL や生存率が上がったというデータを示せれば、
どんどん広めていくことに使えますね。

公衆衛生とりあえず頑張るか。



 

アート X 医療

http://www.asap-brown.org/2018-beauty-in-the-space-of-medicine-and-art/

家から徒歩2分のファインアーツビルでやってる
アートと医療のイベント明日行ってきます。 

役者の教えるイマジネーションメゾッド
がん患者のヴィジュアルアート とかダンスとかみたいでメインはアート。



アート X 医療
西洋 X 東洋
伝統 X モダン
最古の医学 X 最新医学
最古の科学 X 最新科学


そういう接点を見つけて実現していきたいのは、
医学の世界に入る前からの夢。



卒業について。

今のままだと修士論文が終わらず、今年の卒業が厳しそうです。。。。。
とりあえず修士論文・・・・・・・インターン・・・・・・

 

無限のしっぽ

一回死ぬという覚悟なら、たぶんなんでもできる。
今までを引きずるからダメなんだと思うんだと思う。
出来なかった過去の蓄積が、重い重い荷物になって自信を押しつぶす
そんな必要はなくて、全部今までをなかったことにするぐらいの潔さで挑めば
たぶんまた力が出るんだと思う。

何度、自分を切り離したっけ。

17歳で一生けんめい入った学校一生懸命やってた部活 すべて変えてやめた時
19歳で片割れに死なれた時私の一部は自動的に死んで
23歳でそんな今までをすべて切り捨てて、シッダに飛び込んだ時
29歳 自分が一度死なせねば これ以上は進めないという覚悟を覚えている 

20歳の時
私は トカゲに出会った。

そのトカゲは、黒い体にターコイズのお腹を持ち、
この世のものとは思えないほどに艶かしく、神々しく、美しかった。
大きな黒い瞳でそのトカゲは私を見つめた。

その姿を忘れられないまま
トカゲは 一度だけ 人生に一度だけ 尻尾を切り離すことで
自分を切り離すことで 新しい人生を得ることができることを
私は23歳で思い出し、そう決断したんだった。

その時 自分をすべて今までの自分をすべて置いていくことができることを知った
だけどその決断は、 人生の中で何度も行えないということも

アメリカ ロードアイランドではリスはフサフサの尻尾を持って
毎日私のバルコニーにやってくる。
リスの尻尾も切れるけど、尻尾が切れたリスなど見たことがない
自分の体よりも長い尻尾を立派に見せつけながら、リスは気ままに生きている気がする


トカゲの神様
今の私になんというのでしょうか
私は今また きっともうすぐ いやもう既に 
今までの自分をまたも切り離していくことで独立していかなければいけない気がしています
その勇気さえあれば たぶん乗り越えられるんでしょうけども

いつまでこんな風なのか、ちょっと不安になってます。
10代の眩しすぎるほど持て余したエネルギーはなく
未来を見据えた20代にもいない
つまりアラサー 数年経てばアラフォーですよ?

海を越え 時間を飛び越え 私は 
三つの国をよく知ることはもっといい人間になれることだと信じている
日本には居場所がなく 純血のシッダ医師にもなれず 差別の中で生きて行くことには疲れ アメリカという多国籍社会の中でホッとしているような風に思っていました
ブロンドレッドヘッドの音楽がむちゃくちゃ暗いせいかもしれないけど(笑)
安心
できるのは いつかな。
また自分を捨て去って また自分で立たなければたぶん先 進めないけど、
でもいつまでこんな風にしているんだろうとやっぱ思っちゃいますので
もうそろそろ、落ち着きたいです。たぶん。

・リサーチの世界に行きたい
・代替医療のエビデンス作りのためのリサーチをしたい
・クライテリア作りをしたい
・カッツ博士に会いたい
・アルツハイマー・糖尿のリサーチに関わりたい

全部が全部叶っているけど、じゃあ これから?

 

ラストセメスターとブラウンのいいところ(?)

はー 知らない間に・・・もう卒業間近なんですけど。
どうすればいいのだろうか!!!!!!!自信ないですけど!!?
就職活動とかどのタイミングですべきかわからないし、やること多いし!!!

えっととりあえず、思い出した時に、書いてみますねブラウンの特徴について。

一ついいところ(?)は、
甘いところです。 
この1年半を振り返っても、みんな教授、採点甘い!!

・スペル・文法間違ってる → 「まあ、外人だしね〜」→ ノープロブレム
・フォーマット間違ってる → 「フォーマット揃えてね〜」→ノープロブレム
・「外人だから大変だよネ〜」でノープロブレム!!!!!!!

かなり採点が甘い!!!!

なので私などは甘えまくりで、文法とかフォーマットとか間違ってるけど誰も気にしないよね的な勢いです。
(本当はブラウン生は、採点がいくら甘くても完璧にやってくるはずなのですが)


そして、

融通ききまくり!!!!!!

「教授〜ちょっとアレだから、提出期限伸ばしてもいいですか?2−3日・・・」

「いーわよ。じゃあ2週間後提出でOKよ」(2−3日のつもりが2週間に!!)

「あーなんかちょっともう少しかかるっぽいです」→「OK」

甘いだろ!!!!!期限とか!!!!!

なのでもう結構期限とか無視です。
特に修士論文。もう書かれている期限などは完全スルー。


そんな風に甘いので、私はめっさ甘えています。ダメダメになっていく自分がいる!!!
しかし多分甘えるやつは少ないし、甘えさせてくれない教授もいますが。


やはり怠け者なので、厳しい環境で鍛えられるゾ!って思ってたけど
こんな感じなので怠けようと思えばいくらでも怠けられます。
こんなんで本当に自分に実力はついたのかすごい不安になりつつ卒業間近なんです!!!!
そりゃあゼロよりはプラスですが、でもどうなんだろうか。

でもまあ、ゼロよりはプラスで考えれば、
論文が読める・書けると言う絶対不可欠スキルをつけられるのだからそれでいいと言えばいいのか・・・。

とりあえず自分から動かないと何も始まらない。
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

歩海

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ