旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

Restoration

昨日諦めて野田秀樹観てたからなのかな
バイタリティが少しずつ戻ってきてるのかも
みんなの応援のおかげです。ありがとう。

家主が今月中にでてけっていうから焦って探したら
看護師さんでブラウンに行きたかった人から連絡が

なんとなく、そうじゃん思い出してきた

この世界にはいっぱい救いを求めてる人がいる
人だけじゃなくて動物や植物だって悩んでる

そのために私はここに居るんだよね。

たぶん
今 私の 空回り状況は
それを自分自身で確認し直して
自分自身を救うこと

自分自身を救うなんてできないと思うけど…
でも たぶん それができてやっと私は立てる、ここに

それとアカデミックな期末試験やらがどう絡まってるのか意味不明だけど
私は私を見つけ直して
立ち返る

羊の水にいた頃のその前の記憶は遠すぎるけど
私がここにいるということ
私が ここにいることを 許されているということ

クラウドファンディングで応援してくれたみんな
ブラウン大学
インドの先生たち
エルパソのときの繋がり

色んな人たちと 色んなシチュエーションが

私がここにいることを許してくれている

だから もっともっと任せて
もっと地面に耳をつけて
耳をすませて
龍の声を聞いて
もっともっと合わせるの
この世界が望む波長に 自分を

天よ
私は、ここに降ろされてきました
救いを求めている人たちのために
人と生き物が苦しみから少しでも解放されるために
 
今とそこがどう繋がるかは未知数です

でも
私に
今やるべきことを行えるだけのバイタリティをください。 

キル 生きる 着る

生きることは着ること
死ぬことは脱ぐこと
だから脱ぐことにはエロスがある


野田秀樹 傑作「キル」
「かぐや姫の物語」
お気に入り作品を観てて気付いた

「there is no one you can speak from
your true heart」
インターン先の先生の言葉


私が取り組みたいことと
今向き合うものがあまりにもかけ離れていて
遠すぎる
蜃気楼のようだ
まるで溶けていく蝋人形がだすろうのかげろうのように
私が見ている先が溶けていって
かげろうにごまかされ見えなくなっていく

遠すぎる 遠すぎる
今の私には遠すぎる


私が 生きている実感を感じて、そのままに生きることを諦めて
選んだシッダ医学への道
本当は演劇や映画や芸術に触れていたかったけど
それよりも大切なものがあると信じて、
そしてきっとそれは正しい道であって(でなきゃ出会った人たちがこんなに治ってない)
最高の道だったんだけど


私が手を伸ばそうとしているところは
あまりにも遠すぎて
自分には遠すぎて
卒論どころか何もかもが遠くってつかめない
まるでどろどろとけてくろうのような
ゆらゆらゆれるろうそくのような

少しずつ積み重ねて努力する
目標のために
今までもいろんなものを犠牲にして
積み重ねて努力をしてきて
だからこそ今の私がいる
アイビーリーグに認めてもらえるぐらいの立場になった自分がいる
それはいつも常に私は何かを信じていたから

でもそれがぐらついたとき
一体どうすればいいんだろう

きっと このぐらつきは
私が 私自身で 道を選び取るために必要なもの


話がずれたけど


キルを観ていて

とにかく 生きる と 関わりたい
命 と関わりたい

ああだから私今辛いんだなってわかった

だから乱雑に男に抱かれたくなるし
だから食べる気力もないし
 だから 取り組む気力もなくて
エネルギーがないんだなあ。



そんな中めちゃぐちゃぐちゃなのに
このアパート売れてしまい今月に出て行かなきゃいけない


いつまでこのぐちゃぐちゃ続くんだろう

そして私はそれをくぐり抜けられるのかな

正直 インドの不条理なシラバスと比較したら
アイビーリーグの大学院ですら、楽だし簡単だと思う
私がダレダレじゃなければ そつなくこなせると思う。
実際 大学院生って仕事掛け持ちしてる人も多いし。

でもそれができないそれすらできないもどかしさ


私に今足りてないのは
命とかかわること
魂と関わること
命のエネルギー補給

本物の芸術と
人の肌の温もりに
たぶん私はそれを求めてたんだ
アカデミックな世界はかけ離れ過ぎてるから

ゆとり きっと今セメスターにはないだろう
でも ゆとり できたら 武術をやって演劇をやって
意識して命に触れよう


占いも、きっと必要だ
アニマルコミュニケーションも大歓迎


私が こんなに疲れちゃっても
今までは頑張れていたのは 命の灯火を追いかけていたから

今それが見えなくなったから とても辛いんだ


抱き合う 求められる つかれる ぐちゃぐちゃになる 褒められる 汗だくになる 吠える 本当の言葉で吠える 言葉を使って真実を描く

今思えば、インドで頑張れたのはシッダ医学があまりにも命と通じてたから
今 たぶんきっと 天の仕業で そこからかけ離れて
しかもゴール(卒論 卒業)あまりにも遠すぎる 遠すぎる 遠すぎる場所にあって
今もがいても まるで 水の中をからまわりしてけっきょく溺れちゃうみたいに
ギリギリのところをあっぷあっぷしてる


だけどだんだん繋がってきた

命 と 繋がりたいんだ
そして 今のこのやってることが それとどう繋がるか
もやもやの蜃気楼なんだ

とりあえず私は私を補充しないといけないので
芸術に触れて
人肌に触れてもらう


夜が早くなって絶対的な孤独がまたやってくる
どうにもならないと思いながら、
どうにかして繋がろうと必死でいるのに

一難去ってまた一難
また一難去ってまた一難

いつまで続けば うまく渡れるようになるのかなあ

私も吠えられるかなあ

生きる 着る 生きるぞ 生きるぞって 

記憶と今

どこから来て
どこにいくのか
全部忘れちゃった

目の前にあるのは混沌
この中を泳いで
たった一人で辿り着く

なんでなのかも
なんのためなのかも
ぜんぜんわかんないし

何か思い出そうとしても
ここにいたいって叫んでも
何かが 邪魔して教えてくれない

だからいいの

私は
たまに
恋しくなる
ここでも どこでもないきっとどこにもない
私の戻るべきところが

それは お母さんの子宮よりも
前にいた場所で

私は天を見上げていつも迎えを乞う
でもまだなんだねって。わかってる。

----

ぶっ倒れてサンクスギビング一切勉強できなかった。

一週間ろくにものも食べずココナッツウォーターで過ごして
昨日あたりから少しずつ何か食べるようになって
うーん 回復するのにまだかかりそうなんだけど
来週は期末試験。
このメンタルで、
このフィジカルで、
どうやって乗り切るのか全くわかんないけど
とりあえず今は私は心と身体に思い切り充電を与えないと
動けない なにもできない

アメリカに行ったら、本当のエリートに出会って(一人教授は本物だけど)
友達もいっぱいできていっぱい楽しいこと待ってるんだと思ってた

でも実際来てみたらインドで刻み込まれたやり方と生き方を180度転換し直さなければならない
ギャップと、
天候やいろんな違いにあたふたして(パワーポイントでの授業でどうやってノートとるん?)

気づいたら
1クラス6000ドル✖️3 =18000ドル のセメスターが終わろうとしている

ブラウン大学の中にいる限りブラウン大学の価値はわからない(今日もディスカッションでそんな話が出た)
ローカル人に「ブラウン大学だよ?!?????
君は超エリートなんだよ?
しかも高校中退でブラウン大学?!ありえないよ!!」
と言われるけれども、

ないものねだり。

ふうーって
安心できるところがあればいいのに
ちょっとだけ泣けるところがあればいいのに
誰かが うん よしよししてくれればいいのに 

「君の心の外には安心できるところなど存在しないよ
安心できる場所は君の中にしかない」



私はあとできたら12時間でやる気バリバリになって勉強に戻らないといけない。
もう正直タイムリミットすぎてる。



さっき かぐや姫の物語見て気づいたんだけど

なんか、アカデミックな世界と 生命の世界が 離れてる感じがして
どう繋がるのかわかんなくて
今まで 直接身体に関わってきた❤️(ふふ)私には
計算とか、統計とか、そういうのがどうやって役のたつのか
何がどういう風に繋がってるのか全然わからなくなったんだよね
なんか命に関わる学びをしているはずなんだけどそこから離れてる感じがして
アカデミックな環境ってそうなんだけど。

とりあえず黙って勉強しろって感じなんだけど
疫学は意外にも医学の知識があるのでやるたびに分かりやすくなって、
これがどう役に立つかも想像できていいんだけど、
他のものがどういう風に役に立つんだろうって感じで…。

なんかそんな疑問が絡まってたんだろうなって思う。

とりあえず いろんな絡まりが解けて
真っ直ぐ
また真っ直ぐ
竹みたいにしなやかにでも真っ直ぐに
伸びるように(12時間以内に)戻れるといいなっていうか
戻らないとどうしようもない。



 

ストレスすぎ

ストレスすぎて生理が二週間も早く開始。

睡眠めちゃくちゃ
飯食ってるのかなんなのかわからん

そんな日々を切り抜け提出した課題
ばっさり斬られるし。

行動心理学の授業でもう力尽きてぐったりして
まるで千と千尋の千尋みたくクラスで泣いて
クラスメイトに心配されて教授にも「君のメール読んだし、帰っていいよ
無理しないで」って言われつつも居座り、(でも放心状態。
ああ、メンタルがやられるとほとんどなんも頭に入ってこなーい
と思いつつ終了)

偶然、私の敬愛する疫学の教授とすれ違ったので
疫学の教授の部屋でまた泣いてたし。
疫学の教授、関係ないのに、「統計学の課題ちゃんと提出できた?」
と心配してくれてた。

トイレでもクラスメイトが「大丈夫?」と聞いてくれたり
「アユミはちょっと休んだほうがいいんじゃないですか教授」と言ってくれるクラスメイトがいたりとか
あー 行動心理学の授業と疫学の授業とっててよかったーーー

疫学の教授は、もう時間ないしもうすぐ期末試験だし
医学部長とかと会うエネルギーあったら、勉強したら?
と提案してくれたり、僕の科目は心配するな、と言ってくれたり
めさめさ優しいーーーーーーーっっっっっっっっ
将来私がもし、教授みたいな立場になったとしたら、
私はこういう人になりたいです。


もう力尽きてぐちゃぐちゃになって
31にもなってびーびー泣いてるそんな状況ですが


もし、こういったことをかぶることで
津波の程度を少しでも和らげたのかもしれないと思えば

なんてことないっす。

津波と地震のが問題です。

まだまだ余震も続く し大きな地震の可能性もなくなっていないですが
こうやってたぶん海外でも 誰かがちょっと重荷を背負って
問題を軽くしているかもしれないです。
だから、みんなで頑張ろ。 ?

ぜっっっっっっっっっったい あなたはひとりじゃないから
めっちゃ離れていても あなたの辛さを 代わりに背負ってる人がいるかもしれないから

 私も just stand strong. 

最悪+原点

教授が「45分以内に何のヘルプもなく自力でこの課題ができなければこのクラスにいてはいけない」
といってきた。いきなりそんなこと言われてもって感じでマジで泣きましたが
なぜか唯一と言える友人がその日ちょうど仕事長引いてて即会いに来てくれたりして
まだまだ天のサポートを感じるので諦めません。
この教授はどうやら私に諦めて欲しいみたいです統計学。

そりゃ 私統計学なんかに興味ありませんし、今セメスターは内容よりもどうやって勉強するかとか
どうやって馴染むかとかにエネルギー使われてなかなかキャッチアップできませんでしたよ。

その上にカウンセラーに忠告されるほど、学部でミーティング行われるほどメンタルやばいと思われているし、教授も頑張りすぎて倒れるんじゃないかと心配しているほどですよ。

でも、これはないでしょ。ミーティングでも、私が45分以内に課題できなければこのクラスにいてはいけないと教授が決められるような権利なんかなかったですよ。

マジ最悪ですが、
それを機に久々にホメオパシーの先生に電話したら(インド)

「もっと嫌なことはいっぱいこれから起きるよーん だから 楽しみにしなよ!
嫌なこと楽しめばいいのさ」と言われて随分楽になりました。

「苦いことがあった後には甘いことがあるよ」って言葉も。

そうだね、ハラスメントなんてインドじゃ日常茶飯事だったし、ハラスメントもっともっとこれからも現れるだろうから楽しめばいいのよね逆境を。

でもそんなエネルギーねえよとも同時に思えたりもするけれども。

とりあえずこんなことにクタクタにさせられてるゆとりなんて私には正直ないと思うので
きにせずギリギリパスラインを目指します統計学。ゆとりないからね。他の科目でいい点とってバランス保つさ。どうせCだろうがFだろうが他の科目でいい点取らなきゃいけないし他の科目でいい点取れる可能性十分に残ってるし。
統計学だってプログラミングパートだけちょっとやばいだけで普通に追いつけると思う。だって数学パート普通に追いついたし。

 

あと、私こんな意地悪ってか逆境に振り回されてる暇マジでない。
今、行動心理学の論文読んでて思い出した。
コルカタのマザーテレサの家で苦しんでいた人たちを。
 この世界で苦しんでどうしようもない どうにも道が見つからない人たちのために
その人たちが 希望を見出せるように 私は今ここにいろんな助けのおかげで存在している。

それは 教授の意地悪 エゴ とか そういうのよりずっとずっとずっとずっと大事なもの

「あなたの健康が一番大事で、あなたが倒れたら意味ないのよ」って学部のスタッフたちは言うけど、

私より苦しんでる人たち
助けが必要な人たち
希望が必要な人たち
この世界に光が必要な人たち

そういう人たちがこの先にいるはずなんだと思うと
私が倒れようがなんだろうが関係なくないか????

やれるかわかんないし、どうせ統計学の教授に嫌われて、Fを与えられるかもしれないけど、

自分のためにやってるんじゃなくて 私は みんなに奉仕するためにここにいるんだからってこと
もっかい思い出さないといけない。

だから 誰が何と言おうと気にしないでそのままいきます。


さーてどうなるかねえ
統計学パスするのかな
それとも教授に嫌われてパスできないのかな
 

夢叶う

2013年の今日どうやら私はFBでアメリカの大学院で
リサーチしたいと言っていたみたい。

本当思えば長かった。
ここにたどり着くまで長かった。
インドという段階を踏んでここに…。
そして2013年の今頃はそんなことを思ってたんだなー
去年の今頃はどの大学に行くのか 学部もわからないけれど
ひたすらGREとハーバードの出願書類作ってたな。

やっぱり医療以外の人と関わりたいと思い
外に出たい気持ちが強くなって
しっかりしたリサーチや論文をかけるようになりたいと
私は思っていたそうです。

それが、この今まさか叶っているとは
 私は当時思っていたのかわからないけど
ナーディ 占星術 勘 すべてにおいてやっぱりそう感じてたと思う

こんな風に叶ってるとは思ってなかったとは思うけど

私の決めたこの道のりは、
ずいぶん昔から、少しずつ組み立ててきたものなんだなって
だから、きっと簡単には崩れないと思う。


またもやミラクルが。
教授に「宿題3が終わったら二日ぐらいで4を終えないと時間ないわよ」
と言われてめちゃくちゃ鬱ってたんですが
デッドラインがなぜか教授の都合で一週間のびた。
そのせいで、サンクスギビングに行きたかったヴィパサナー行けないけど…
つーかサンクスギビングどっか行かないと凍え死ぬーーーー孤独死するーーー

でもでも そんな風になった。

インドでもいっつもこんな感じだったけど
まさかブラウン大学でもこんなことがしょっちゅう起きるなんて…

がんばれよっ

と言われてるんだね

&

2013年の夢と2015年1年ひたすら大学院入試に身を捧げた
そのときの夢は信じられない勢いで叶ってるけど

でも

叶ったら叶ったでまだまだこの先があって
この先のがもっと大事なんだよね

うーん

とりあえず大好きな教授の疫学と
大嫌いな統計学と
なんとかかんとか自分の範囲内になりそうな行動心理学
プラス最近気づいた実はインターンプレゼン…

やって 今セメをきりぬけよう
一個でもAがあってくれるといいなあ😭😭😭 

かけひき恋私の冷めた恋愛観

恋とか気持ちってよくわかんない
どうせ傷つくし
傷つかないことなんてないし

私にはすきなひとがいます。
たぶん何人もいます。
それの何が悪いのだろうか?いっつも思う。

付き合うってわかんない
この歳になるとぶっちゃけ
余計わかんないよね
だってどうせ傷ついて、辛い思いして、傷つけられて、裏切られて、
嫌な思いすることわかってんのになぜわざわざそれに向かわなきゃなんないの
もしかしたら私はあまりにも今までの恋愛でいい思いをしなかったからかもしれません
恋人死んだし。
だからどうせみんな居なくなるわけでしょう
じゃあどうして1人とだけ付き合わなきゃいけないの?
居なくなるのわかってるんだったらダメージを減らすためにも何人か相手が居たっていいじゃん。

っていうか付き合うって何?
私今までで、付き合おうという言葉のコミットメントをきっかけに
誰かと付き合ったことなんてない
気持ちが高まって お互いの気持ちがマッチして
何も言わなくたってお互い惹かれ合うことが分かるから
そんなこと言葉にする必要ないし
だから告白ってやつもわかんないしされたこともしたこともない(いや、されたことあったっけか?)
言葉でのコミットメントなんてしたことない
しぜんにそうなってお互いそうなってしぜんにいっしょにいて
そうなっているっていうのでいいんじゃん

恋は 相手の魂を 乞うること で こい と言うらしいが
そんな風に心の奥底 魂の奥底から 愛することなんて
この地球上で一回あるかないかだろうし
私が伴侶として認められるのって守護霊ぐらい。
守護霊は人間と違って絶対裏切らないから。

すき と あいしてる は 全然違って
わたしは あいしてる を する気は たぶんそんなないと思う このアメリカで。
勉強の邪魔になっちゃうだし。軽くいきたい。
 
すき も あいしてるも 自然に起きるものだと思うし
誰かと付き合いたいから、とかって疲れるし

あーもう

いいじゃんね デートする程度でさ。
付き合うってまぢ何?
友達でもエッチするしデートするよね
何が違うねんっ

そしてこんなことに悩む時間私には ないっ!!!!!

 

なんとか生きのびる?

先週、「もう無理っす。めっちゃ死にたいっす 超うつです。」と学部長にメールしたら
日曜の夜にソッコーで 大学院カウンセラーから電話が
「大丈夫!?」
そしてソッコーで、学部長、カウンセラー、教授たちを水曜日に集めて、私の状況についてみんな共通の理解を得るためのミーティングを行うことが決定。

ブラウン大学やっぱすげーな。

 っていうか学部長に超うつで死にたいとか言えるような環境である事自体が恵まれているかもしれないし。

アカデミックの部分(とりあえず中間試験)は、
どの科目もAレベルで、どの教授も誉めてくれた。
とりあえず乗り切れた(涙)
疫学の教授には特に超感謝。状況を理解してくれて宿題を免除してくれてその代わりに試験で何を答えるべきか試験について何を勉強すべきか教えてくれた。だから本当は100点取るべきだったんだろうけど・・・。

つまり、私、精神状態ってか今の状況クリアして普通に勉強すれば、
普通に出来るんじゃない?
だって、マジで中間試験も数日で詰め込み勉強しかしなかったぞ・・・ぶっちゃけ。


 中間試験で一番苦手意識が高かった数学パートをクリアしたので、
今全くもって出来ないプログラミングのパートをここ数日で集中しようと思いますが
ものすごい気力が必要だな・・・

でも、とりあえずやるしかないし、
メンタル面がかなり不安定すぎてかなり自分でも怖いんですけど・・・
疲れてるんだろうし。うーんやっぱ鬱?

とりあえず、学部長とか、いろいろサポートしてくれる環境があるというのはすごいことです。
アカデミックじゃない部分(私の生活状況とか、精神衛生状態とか)も考慮してくれるって本当にありがたいことです。
やっぱりいい大学。

 

超伝統ヨーガ&シッダ&アーユルヴェーダツアー

リピーターの方の希望で

ケララ バルカラにて

1)マハヨーガ(超本物伝統ヨーガ)
2)シッダトリートメント or マッサージ
3)おいしいケララベジタリアンごはん

の組み合わせツアーを企画中です。

https://m.facebook.com/Mektoub-322682877792208/

うちのシッダ病院でもいいんですが、ブッキングが信用ならんーので、こちらの「自然回帰ヒーリングをきっかけに人生を変える」をモットーにしているエコリゾートを使います。とっても良いところです。

スケジュールなどまだ決まってないので

1)超本物伝統ヨーガ(心臓 呼吸を実際に何度も止めてサマディに至っているヨギーの教えるヨーガ ※教えるのは弟子)を経験したい方(経験だけでも十分!スゴイ)
2)ゆっくりのんびりしたい方
3)病気がある方(ホメオパシー、シッダ治療のアレンジ可能)

hh@travel-a-s.com
に連絡を。

image
image


image
image



 

休憩なし

泣きつくとこもないし
そんなの慣れてるけど
やっぱしつらい

体がくたくたクラクラだとなんもできないね
心も沈んじゃうから

いっそ この世界から消えたいって思っても
それぐらい疲れちゃっても仕方ないかも

鬱っぽいのかなあ私
というより疲れ果ててるんだろうなー

もう死んじゃって終わりにすればいいのに

って 何度思ったんだろ

でもまだまだ続くんでしょ
たぶんだけど

はあ。
もう 終わっちゃえばいいのに全部。

さいきょうのせんしは たたかわなくていいんだって
たたかわなくていいんだって

ぜんっぜん 楽なはずなのにね
日本にいるよりも
インドにいるよりも

アパートの管理人さんは
「ブラウンは簡単じゃないんだし
あなたはすごくよくやってるわ
だからもっと自分に優しくしていいのよ」
とまで言ってくれるし

家具を作ってくれるような人もすでにいるし

いっぱいサポートを受けてるはずなのに
それに これからいろんな可能性があるんだろうけど

やっぱり これを保つのは疲れるよね

もう 終わっちゃえばいいのにって
何度思うんだろ
これからも何度思うんだろ
それでもやるの繰り返しももうくたびれちゃったし

あーあ
ちょっとぐらい サボったり 休んだっていいのにね
 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ