旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2005年07月

とりあえずこれだけは

なんだかんだ言って
わたしはとても恵まれている

悪名高いインドに行けば、悪い目にも逢わず 優しい人々
アメリカに行きたいといえば 協力してくれる家族
ほかの国でも どの国でも
旅に出れば かならずわたしを認めてくれるひとがいる
彼が亡くなって 支えてくれた人たち
行きたい中学に受かった
やめたくなったらやめられた

経験値は高すぎるかもしれないけどそれだけの
若さの未熟さを支えてくれる素晴らしい出会いと
可能性をゼロにしない環境が 
わたしには必ずいつも
ある

お腹いっぱいになれる。
甘いものを食べられる。
行きたければ何処にでもいける。
文字が読めて、自分の力で考えられる。

動機はいつも
「やりたかったから」。

こんなことってきっと
歴史上どこを探しても
この時代とこの国でしか実現できないよ

だからわたしは
これだけはわすれたくない

「やりたかったから」出来る人が
世界中でたぶん1%も居ないってことを
そして
「やりたくてもできない」人がもっともっと
ほんとうの意味で豊かに、自由になるために
この 可能性を つかおう。

わたしは
そのために恵まれている。

「自己の繁栄のために他者を蝕む生活」
(ネイティブアメリカンホピ族の言葉)
だけは
ぜったいに、
許されない。

そして日本の生ぬるい世の中の青年たちよ
えらそうに言ってしまうけど
自分のすきなことっていうことよりもやりがいのあることに
あなたには すべきことがあることに
早く
目覚めて

エルパソについて

私が留学する土地、アメリカのテキサス・エルパソについて書こうかしら。

まず、大学について。

○校舎はブータン風(学長がブータンの建築に惚れこんだらしい)
○生徒の7割ヒスパニックスペイン語がポピュラー
(むしろ英語はなせない生徒もいる)
○生徒の7割が働いている(子持ち・孫もちも多い)
○国境のため、国境学が発達している

について。

○なんといってもメキシコ国境最大の都市
○そのため、メキシコでもアメリカでもない国境文化が確立
韓国人街があり、なんとタイの刺身が3ドルで手に入るw
○人口の7-8割がヒスパニック
○っていうかアメリカというよりメキシコ
夜景がめちゃキレイ

文化大好きな私にはタマラナイですが、
住んで勉強して成績を取るとなると・・・なぁ。。。
てゆーか言葉・・・困る。英語もできんのに。
でも街はとっても面白いです。
のんびりしてます。
空青いです。
暑いと思います。

出発は8月14日に決まりました。
うれしいのか何なのかわけわかりません。

面影

あなたを
わすれる気もないし
わすれる気もしない

それとはちがって
目に映るすべてに
あなたの息を
感じている

面影はなによりもつよく
すべてと
とけて
居る

影になって寄り添うのでも
思い出させられるのでもなくて
あなたの呼吸は未だ
わたしや
あなたの家族の瞳のなかに

からだはなくても
いしきはなくても
もう居なくても
どこにも居なくても

世界
そのものが
あなたと
そしてすべてと
つながっている

わすれるなんてものはなくて
ぜんぶがとけて
きおくはわたしとなり
せかいとなっているの

こんな強がりができるのも今のうちだきっと。

むねをうつ

そしてちなみに新しい写真は、彼が携帯で撮ったやつ。
ぬいぐるみがいきものみたいなところがすき

敬愛するキムギドクの映画2本をGET!
しかも、傑作なのに日本公開されていない「受取人不明
まだDVD発売されてない「サマリア
を、韓国バージョン(英語字幕)で入手。
ミーハー精神をくすぐられますね。
そして、「春夏秋冬そして春」を観た(3回目)。

嗚呼。
天才。
でも彼の天才は、経験から培われたもので、
決して生まれたときからのものじゃない。
だから、確かなんだ。
とっても、芯がつよい。
そして、人間を見つめる神のような
世界すべてのような視線。

ただただ表現するためだけに映画を利用する姿勢は
私も真似してゆきたい。
物語っている。

美しい。
生ってのは、どんな人間のものでも
そしてそこがどんな世界であろうと
かならずかがやいている。
それが 生。
そこに

への
本能がある限り。

ああ思い出した
大きな手。
どんな病気も治す
すごくおおきな手。
やさしく両手を包むおおきな手。

たぶんエルパソで出会う人たちは低所得層の人たちよって
言われたけど
確かに、そりゃー一緒に勉学励める奴のがいいけどさ。
でもさそういう人こそドラマを生きてる気がして
友達になりたいってのは
甘えてるんだろうか。

最近日記ばっかし。

理想。

ネイティブ・アメリカンや
先住民が形作ってきた文明を
もういちどみなおし、
そして、
現代に、
活かす。

その方法を探るために
わたしはアメリカに行くのかも。


今日、決めた。大学を・・・
ぎりぎりでとあるカウンセリングに行ってみたら
「もったいないわねーあなたなら奨学金とれたのに」みたいなこと言われ
さらに
「こんなレベルの低い大学行くの~~~~~~~~~~~うんぬん」
とかぼろぼろ言われた。
まー。
がんばるか。

テキサスのエルパソにある大学にとりあえず決定。
むしろメキシコじゃん。
でも絶対抜け出してネイティブアメリカンの研究できるところに
いく。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ