旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2006年02月

命日、2

あなたの短歌をまとめた本が
届いた、家族のひとたちから。

もう
滅多なことじゃ泣かないと思ってたのに

思い出した、
あなたがわたしにくれたものすべてが
物凄く鮮やかに今でも蘇ってきた。

どれだけもうわたしが日常に溺れ
あなたとの日々が砂が波にさらわれるよう
少しずつ、静かにおさまってしまっていることに気づき
でも前に進まなければいけない自分を
そしてこれだけ頑張ってきたと言える自分を
あなたの代わりに誉めていきたい。

わたしはたぶんきっと、
一生懸命やってるよ。
そして一年の間に
脱皮するように変わった。

私が一生大切にすべきこと
他人への尊敬
そして生きるということに対する情熱を
学んだと思うの。
わたしが学ぶべきことだったと思うの。

あなたの姿は少しずつ目に見えぬように
薄れていっているけれど
あなたのいのちは
1年経った今
わたしの体の中に確実に溶けている

命日、1

1年前
当たり前すぎた ことが
今はもう絶対に
手の届かない 
理想郷のように見えるけど

わたしは
強くなったと思う
そしてこれからもわたしは絶対に
生きることに対してくじけてはいけないと思うの

一体人は傷つかないで他人を愛せるの?そしてもし、傷ついたとしても、それは本当に悲しいことなの?傷つかないで人は生きる歓びを得られるの?この痛みと引き換えに失うものは、あまりにも大きすぎる。だから私は、この悲しみを進んで受ける。絶対に逃げないよ。

わたしが1年前に書いた言葉。

愛してる、すべてを。
私はあなたに対して起きたこと、そしてわたしにおきたこと。
全部を受け入れ、心の底から背骨が焼け付くような情熱で
愛し続けていると思うの。

わたしはこれからも
あなたの死が示してくれたこと
世界にあてはまる自分の居場所を探して
そして運命と運勢を信じ
自分が全うすべきことを見つけてゆこうと思っています

まだ
わからないし
社会に認められたいという欲にはなかなか勝てないけれど

あなたのおかげで
わたしは変わった
それはあなたの存在すべて、
死んでしまったという事実すべてが
今のわたしを支えているの

ほんとうにありがとう
この日に感謝せずにはいられないよ

命は決して終わらないことを教えてくれてありがとう
そして
わたしはもっと強くなる
どんなことにも負けぬよう 強く

いき

その ひとは
絵を見るのがだいすきなくせに
考えるのがだいすきだ
黙りつづけると
それはことばを並べている徴

ことば ってのは
かんがえればかんがえるほどに
脳みそのなかにしがみついて
なかなかほどけなってくるわけで

それにどんどんと
縛られてゆくのがわかる

定義
すればするほど
わからなくなってゆくもの
それが何か

空気の中に塵みたく分散するものを
むりに一枚の紙にまとめようとするの
をやめて もうわたしは
ただ単に呼吸をしたいだけ

そう
いきをして
ねむるだけなはず

忙しいのかだれてるのか

ネイティブアメリカンのリザベーション行ってきました。
一週間前ぐらい。

なんか写真の仕事めちゃプレッシャーすごいんですけど。
でも楽しみたいわ。

妙に有名人になってるんですけどわたし。
名前知ってたり話しかけられたり、先生も。

ってか、
ルームメイト私除いて3人が超仲良いんですけど。
早く出たい。

ワイン飲まないとやってられない最近。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ