旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2009年05月

約束

或る人と

自分を
お互いのように

優しく素直に扱おうと

次に会うまで

指切りげんまんした。

わたしのなかにあの人が居て
あの人のなかにわたしが居るから
わたしはようやくわたしの存在意義を
見つけようとしている

自分を愛せたら
みんなも愛することができて
自分のすべき業をきっと
そこまで苦しまずにできるんだろうと
今、想う。

たった数時間の一緒のなかでつくった
ふたりを示す
白と黒の腕輪は
わたしの手の中でかがやいている

次、会うまで

やさしさとつよさを
わたしにください

わたしが
わたしに
もっとやさしくできるように
そしたら
きっともっと
みんなにもやさしくなれるから

次に会うまで
あの人のさやはわたしのなかに在ることを
忘れないでおこう

わたしが幸せであればあるほど
あの人も幸せになって
わたしがラクになればなるほど
あの人もラクになるのだと
二人を繋げる腕の輪の白黒は語ってる

もっと自分にいたわりを、
強さを求めずに、
弱い自分を包むように護るのだ。

また
今度はいつどうやって、
会えるのかななんて想いながら
わたしは少し
学んで進んだ。

じぶんに
やさしく。

ワタリガラスは着地点をみつけようとしている

中国人強制労働者

広島のアーユルヴェーダ講座の会場で
別の展示会があった。

なんかもう閉まる直前だったのでタダで入れてもらったんだけど
「高校生かしら」という声が後ろから聞こえたのは
まあ、き、気にせず。。大学生とも言われてくれなかったところは
まあ、気にせず。。

第二次世界大戦のときに
中国人を強制連行し、強制労働させたという
史実が、どこにも記録されていないのを知り、

実際に、その強制労働に携わっていた
画家さんが、水墨画でそのときの様子を描いたという

衝撃的な画展。

まず、画が大きくてそこから迫力を感じる。
メートルはあったんだけど、これですごかったら
ピカソのゲルニカってどうなんだろう。絶対いつか観る!!本物を!

まあ、話が一瞬ずれましたが、

発電所をつくるために中国人を奴隷のように働かせていた。

彼は、戦争が終わり、自責の念にかられ、
周りが「加害者側がそんな記録を残すなんて他の日本人に呪われるぞ」
などと言われつつも、
「これが私のやるべきことだ」
と、信念を貫き通し、
10年に渡り、あのときの地獄のようなときの記憶を呼び起こし
画に焼き付けたのだった。

そんな彼は、86歳。
見た目は、お、おっちゃん?
じ、じいちゃんじゃないよね?!

「デートする?デート??」
と言ってくるぐらい元気!!!!
超、若い!肌つるつる!しわがない!
声もはきはきしてて、すっごいパワーが伝わってくる◎

「こういうことをしているから、
元気なのかもね」

というそのおっちゃんは、

地獄、悩み、苦しみ、葛藤、憎しみ、自責の念、すべてを乗り越えた
清々しい顔をしていました。

本当に幸せな人間は、こういう道を通ってこそなのだなと
こういう道を通り抜けた人間はどこまでも強くなり
若くなるのだと
そんなことを思わされた日だった。

そしてその展示は、とにかく腹水症でガリガリにやせ細った中国人
食事は萬頭一個。こぶしぐらい。おかずはなし。
日本人もコトバが分からないから殴るなとは言われていたがなぐっていたとか。
脱出は便器から。

どちらかといえば、地獄絵に見えました。

だけど、そこに一瞬の光。

その横に描いてあるストーリー。

「そういう中国人が働かされているのをみて、かわいそうで
じゃがいもを分けてあげた」
という近所の人。

「腹が減って仕方ないようで、ごはんを与えたらがつがつと食べていて
本当に酷い扱いを受けているのだと、かわいそうだった」

という、近所の日本人の心。

その「心」こそは
戦争という「システム」の中でも
燃え続けている。

そして国境を越え、
戦争中であろうが、
繋がることができる。

地獄の中に光を見、

地獄を乗り越えた人の美しさを感じた日だった。

不思議な偶然をありがとう。

日本も終わり

いやぁ、楽しませていただきました。

シッダの神様ありがとう☆

でもけっきょく思いっきり羽根のばそうとおもったら

アーユルヴェーダ系の方とか
タミル語系の方とか
代替医療とか
との出会いばかりであり、

そして、シッダについて雑誌記事を
書かせて頂くことになったりと

は、離れられない。。シッダから離れられない。。

非常にありがたいケド
自分はそういう運命なのか。。
嫌だけどインド帰らないとダメなのか。。
と、思ったりしたケド。

その分はじけたりもしたし。

え?何したって?

退かないなら書くけど。

初めて縛ってもらったり。
そしてものすごく攻められたり。
だから超どM認定されたり。。

その縛った姿を友達が写真にとったり
(フォトグラファー)。
しかもその後のプレイまで友達微妙にみて、
「見る価値あったよ♪♪」と感想頂いたり。。。

きちんと師匠に習った縛師さんに縛ってもらったときは
「どこをどうすると感じるか」
「どんな縛り方が女の子は喜ぶか」
などの、講習会を受けさせて頂いたり。貴重でしたね。

手触るだけで感じさせる人とかにも講習受けたり。

名も知らぬ人と突然素敵なひとときをすごして
「ありがとね」って感じで人間って不思議だったり。
けっきょく名前も知らず、
でもとっても温かい抱擁をしたりとか
(っていうか抱擁以外もね)

いっつも他人のことを一番で働き詰めの方に
すごい繋がりを感じて
お互いの必要性、陰陽がものすごいお互いに発展する気がして、
デートのお願いをして、
いっつも自分後回しの彼に自分の時間を持ってもらって
アロマ炊いたり、お香炊いたり、石をあげあたり、
思いっきりリラックスしてもらって、
全身噛まれたのに愛を感じたり。

おじさんとお風呂入ったけどエロい意味じゃなくて
ただ単になんかの打ち合わせで入ったりとか。
意味わかんねえ。

付き合い長いだいじな男友達と初めて何か起きたり。

不倫浮気満載だけど清々しいのです。

オトコ関係のはじけ方が多すぎ!
彼氏、すまん。

「そういう系のバイトは?」と言ってくれた友達、
ありがとう(涙)嫌だけど。
ちゃんと選んでるんです!!!!!!
わたしは!!!相手を!!!!

でもそれ以上にシッダ医学に絡まされた日々でした。
しかもはじけても、そこから何か学んでるとか
そこでの会話が超ど真面目だったりして、
やっぱりそこから逃げられない。。

どうもシッダーたち、ありがとう。

そして大ファンだった青山さんと
一気に知り合いになれたという
すごいこともあったし。
タミル語シッダチーム結成★したり。
自分を大切にねという指切りげんまんしたり。

呪いをかけられた時の痛みを
とりあえず微妙に治ったって事も。
超スピリチュアルな人に会って、その人に痛みが乗り移った。

今の私に必要だったものが戻って来たこと
それをくれたひとたち
そしてそれを導いてくれたシッダーたちに感謝します。

そして楽しみなのが☆
バイオリンを数年ぶりに弾くことにしたのです。
バイオリンを娯楽で弾ければ、
インド生活も変わることでしょう。
怒りをぶつけ、悲しみをぶつけ、鬱憤をはらし、
そして楽しい曲を弾いてみんなを楽しませる!
錬金術師のようにバイオリンを再び弾きたいです。
でも、指なまりすぎ。。。。。。。忘れた。。。。。。。

インド帰りたくない。
もっと休みたい。
もっとはじけたい。
チェンナイ寄って、ちょっと一息してから帰るか。

おやすみなさい(?)
               

広島

えーっと、「超レベル高い、どM」に認定されました。最近。
超経験豊富な方に。
えっと、そこまでどMでしたか?
もー朝からこんなことばっかし書いてわたしー。
シッダ使いの格下がるねん。
いや別にシッダ使いがどMでも良くない?関係ないよね。
インドじゃーちょっと満たされない欲求ですがね。

***

今日から25日ぐらいまで(決まってない)
広島行ってきます。
青山圭秀さんの講演会があり、アーユルヴェーダとシッダを比べるチャンスなので
2日間の講習ですが行ってこようと思います。

広島はなぜか縁があってよく行く方なんですが、
今回は突然こんなことになって正直私もびっくりしてます。

なんか、日本に休憩に来たのに
けっきょくタミル語関連で繋がりを作らせていただいたり、
アーユルヴェーダ関連に染まったり、
医学書買って興奮したり、
べ、勉強に走ってる。

遊びまくるといえば。。。
ある意味真の夜遊びを覚えてでもそれぐらい。

でも、昨日から学校始まったみたい。
ってことは1~2週間は余裕すっとばし。
計1ヶ月半~1ヶ月のすっとばし。

大丈夫かな。

でもシッダの神様が「日本にいなさい」って感じだから
仕方ない。

んで、25ぐらいに帰りマース。
24かも。わかんない。

誕生日アニマルトーテム

これ、インド占星術並みに当たります。
ネイティブアメリカンの星座です。

是非検索してみてください←おい。

MEDICINE WHEELという本に詳しく載っています。
詳細は今度。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ