旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2010年05月

空回りの果て

我慢して笑ってみたはいいけど
空回りの果ては
快晴、真っ青な空
空っぽで、ワラッテイル それは
脱皮したあとのトカゲのしっぽにすがりついて


いまでも、

そのときだとおもいこんで
すがりつこうとする それはまるで 空 をつかむよう

からからと音をたてて

空回りのそれは

むなしく空に散る

わからずに居る

三聖病院の作業室に、大きくある木彫りの文字。

「わからずに居る」

この隣で、講話を行う先生をみていると

・・・なんだか空間そのものが変化して
なにもかもが、

あり得る、

と感じるのです。


「わからずに、居る」ままに
「努力即幸福」でいる。

まんまるうぐいす

うぐいすが、見れました~。

「ホー・ホケキョ」と、誰もがうっとりする歌声で私たちをいやしてくれる、うぐいす。

うぐいす色は、薄暗い光のあたらない葉っぱにそっくりなので
うまーく木に溶け込んじゃって、なかなかその姿をみることはできない・・・気がしてました。

が、昨日、じっと木を見つめてたら、
いました、いました!!

まーんまる★
スズメみたいに丸っこくて、

体全体で「ホーホケキョ、ケキョケキョ・・・」と歌ってました。

その姿はある意味尾崎豊が全身で歌いこむようなそんな感じ。
命がけで、与えられた体全部使って、あの声を生み出してるんだ・・・

歌うためにうまれてきた、うぐいすさん。

うぐいす、頑張って★

なんて思っちゃった日でした。

悩み抜いたその果ては

もう、疲れすぎて、からだもこころも
・・・死んじゃえばいいんじゃないのかな。
としか思えなかった。

彼のことも家族のことも信用せず
自分なんて消えてしまえばいいという考えしか
のぼってこなかった。

何もかもから逃げるように、
自分からも相手からも逃げるために、

昼寝した。

眠った。
眠った。


悩み苦しみながら眠ったそのあとは、





・・・エッチな夢見てました




昼寝するとみんなあると思うけど半金縛り状態になるんです。
そのときに、いろんな想像すると、すげーリアルなんです、試してみて★

そんな状態で起き始めた私は即
エロい妄想をはじめてました・・・。
男2人で3Pだなんて、現実ではやりたくないです!!!
もっとどSな人いないかなって想像してるうちに金縛りとけました。



・・・起きたら、ムラムラでした。



このエロス(?)がある限り、生きれるのさ!
からだはそう言いましたとさ。

ぎゃー 今度はこのムラムラを、なんとかしてくれ!!!!!

からっぽからげんき

空はどんより曇り空
こころの中は空っぽに
からげんき だしてみて
やっぱりからっぽにすけさがる
からから から元気
のども からから
だから ゆかない
ぬけがらはただたんに  わたしのものでは
なしに
ねむりをさぐるとさぐればさぐるで
ほかはぜんぶからっぽだと思い込み
それを何よりも優先して

からっぽの、から元気したら
ほんとうにからからに
ひからびちゃった、
あのトカゲ。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ