旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2013年02月

あなたへ

あなたへ


今日は、 あなたがこの地球を離れてから8年が経つ日。
 2月11日。
 毎年、いや、毎日、
今でもあなたのことをいつも思い出している。

 あなたのために音楽を流そうと遅いながらもリストを作ろうとしたら
 あなたの好きな音楽は多すぎて途中で分からなくなってきて そして気づいた。

 あなたの好きなSHERBETSを私はその頃は好きじゃなかったこと。
 SHERBETSのあなたが知らない曲を聴かせてあげるね。

わたしの持ってる音楽のほとんどは、あなたが知ってる音楽たちだったということ。


 あなたは、音楽とコーヒーとワインと共に生きてたんだよね。


 あなたと出会った音楽、Mercury Revを久々にかけてみるよ。


少しずつ、忘れかけている、記憶を、かけらをあつめるように、
わたしは拾っていくと
 8年経っている今でも、
わたしは泣いてしまう。

 あなたが居なくなる前、
 わたしたちは3月に旅行に行こうねと約束をしていたこと。

 あなたに、3月は来なかった。

 わたしは、あのときをどうやって乗り越えたのか今でも分からない。

 今でも、あなたの遺骨を拾った時、ぽろりと崩れたのを
あなたの体の冷たさを
 あなたの目がどこにも向かずにあいていたのを
そのあと何週間かろくに何も食べなかったのを
わたしは鮮明に覚えていて、今でも苦しくなる。

 そのおかげでわたしは命の尊さとはかなさ、
それすらも包み込む愛の偉大さを知ったんだ。

 でもね 8年経って、 わたしは色んなことを通じて思うの。

 あなたはどこかにいて いつもきっと見守ってくれていると。

20歳の2月11日には、水晶を見つけた。
21歳の2月11日には、確かあなたがくれた音楽がランダム再生してたのに連続でかかった。

 そんな奇跡がみせてくれたこともあったけど 今のわたしはどこかで知っているんだ
この世の誰の魂も死なないということを。
 

あなたの写真を飾ろうと思って探したら
代わりに、船で世界をまわってあげくの果てにインドに辿り着いた21歳のときの日記が出てきて
みいってしまった。
 少し思い出したよ。

ポルトガルのシントラで出会ったスピリットのこと。
 あのころのわたしはいつも木と話していたこと。
 わたしは、本当に世界中を周ってここに来たんだということ。
 その旅は、この世界のどの人間とも比べられないものだということと
 そのすべてを経て、わたしはここにいるのだということ。

 私は今インドの田舎に5年もいてろくに旅行もしないけど
それまでの私は旅ばっかりしていたということを思い出したよ。
 そして、人生は旅ということも。

 ねえ知ってる?
あなたを亡くしたショックで、わたしは最初のインドの旅に出たことを。
 あなたを亡くしてからも何人かの男性と付き合っても、
あなた以上の人には決して出会ってないことを。

 あなたを亡くしてから、
 わたしのほんとうの人生は始まった気がするということを
あなたは知っている?

あなたのおかげ
あなたのすべてのおかげ
あなたの人生のおかげ

あなたの死のおかげで
 わたしは今ほんとうにここにいるんだよ。

あなたが死ななかったら、私はたぶん今インドにいないだろう。
なぜなら、あなたの死が最初のインドに旅立たせたきっかけであったから。
だからわたしは、あなたの死という出来事に感謝しているんだよ。

そしてわたしの人生は、まだ、続いている。
 わたしはこれからも アユミ つづけるの。

わたしを、わたしとして生きられるように、
わたしそのものを認めてくれてありがとう。

 あなたのおかげで、
わたしは、わたしという人格を認めることができた。

あなたに出会ったおかげで、
わたしは、愛することと愛されることを知った。

あなたは、わたしの親友であり、パートナーであり、双子の片割れであり、
 わたしのすべてを知っている理解者だった。

それは、あなたの死から10年近く経とうとしている今も、変わらない。

あなたのおかげで、
わたしは、この世に奇跡が存在するということを
 今でも信じることができるんだよ。


 最後にあなたがくれた短歌をもってあなたに祈ります。


 「いつも笑うおまえの横で揺れている 生温かい方位磁石が」


大好きです。

履歴と自信と小さい頃の記憶

19歳で恋人を亡くし
愛する人を失う痛みを知り
またそれをも包み込む愛の深さを知った

20歳で自分の使命を知るために
3日3晩単独断食(ヴィジョンクエスト)をし
自然と自然につながる方法を知った

 21歳でネイティブアメリカンたちと共に
スピリットと繋がり
そこでヴィジョンを得た

 22歳でギリシャ、ポルトガル、パナマを周った挙句の果てに
インドに渡り そこでシッダ医学と運命的な出逢いをした。

 そしてわたしは、21歳で得たヴィジョンと、
22歳で得た出逢いの力を信じ
20歳のヴィジョンクエストで知った自然の心を信じて
23歳でこの医学を学ぶことに決めた。

 その間、病気と闘いながらも、
孤独と戦いながらも、止めずに続けていた。


 27歳の今ようやくわたしは、
あーもう結婚とか(あんま心配してないけど)
 社会ステイタスとか(?)
 あーもうなんでこんなことしてんの
 いらねー努力しすぎだしその割には得てるものないし!!!
 超文句たらたらで うざいし、眠いし、だるいし、めんどくさい
 って気持ちに振り回されている。

 とかごたごたしていて そんなごたごたしてる自分が嫌になったりしてたし
そして、何よりも自分の選択肢に疑いをかけまくるようなことばっかりしてたけど・・・
 ホメオパシー羨ましい アーユルヴェーダ羨ましい


でも
 20歳で使命を知るために断食する女の子って、日本とアメリカにどれぐらいいるよ。
 19歳で恋人を亡くした経験をした女の子も。
さらにいえば17歳でヨルダンに行かせてもらってイラク難民の取材をしたり
18歳でアイデンティティを知るためにチベット難民キャンプにホームステイしたり
 18歳のときには、本気で戦争をなくして貧困をなくす社会を考えていたし
 21歳でネイティブアメリカンと共にスピリットと交流した女の子もこの世にどれぐらいいるよ。

そして シッダ医学に導かれるようにして偶然が重なりあった結果、出逢い、
そのまま学ぶことを決めた外国人は、世界で私しかいない。

もっと、 わたしの生き方を わたしは認めて 誉めて たたえてあげないといけない。
そして、 その運命的な、私が世界唯一経験した出逢いと生き方と
アーユルヴェーダのコースや知名度やホメオパシーの凄さよりも
ずっと信じていないといけない。

先生に 「お前は持ってないものばっかり考えて凹んでるけど
自分が持っているものを考えなさい」 と言われた。

 「もうすぐインターンで、病気との戦にでかける 君は戦士なんだ。
その戦士が、自信がなくてどうするんだい?」
と言った先生の言葉をきいて

わくわくするのと同時に 小さい頃のの自分を思い出した。

お母さんが 「人間の天敵は、病気なのよ」と言ったこと。

そのときに、病気と闘えるようになりたい。
 と小さいながらも思ったこと。

そんなことはずっと忘れていたはずなのに ちゃんと、
わたしの奥底のふかいところに まだまだ眠っていた。

貧困をなくしたい。
 病気と闘いたい。
 資本主義と闘いたい。
 ほんとうの文明を取り戻したい。


 きっと全部、叶う。

でも、信じるのはすごく難しいから

わたしはすぐに、
ふらふらぐらぐらしてしまうようだ。



だれかがわたしを、ぎゅっとだきしめて、
ひとこと、ほめてくれたなら、それだけで、きっとわたしはやれるのに、
それは絶対にできなくてわたしはやっぱりひとりで悶々としながら勉強と格闘するのかもしれない。



牛乳の飲み方

今日朝寝てたら、「起こしてやるしかないな」ていうテレパシー的声が聞こえて
その数秒後にいきなし家主の猫がベッドの上に・・・・!!
今まで1度も来なかったくせに何なんだよ!!飯がほしいようです。自分の家からもらえ!
しかし、「起こしてやるしかないな」って言った奴誰か気になります。
猫が私をわざわざ起こしたかったんだとしたら、お前やるなあって感じですね(笑)
しかし寝てるときってこういうことない?事前に起きることが分かったりとか。




***





牛乳ですが、飲み方と飲み合わせなども気をつけなければいけません。



ほうれん草
すっぱい果物

などととると毒になってしまいます。


魚や以上の食べ物を食べた後に飲むのもダメです。


また牛乳を食直後に飲むと消化不良を起こし、
膵臓の病気にかかりやすくなります。


朝飲むのもよくないですが

夜飲むのが最高です。
(夜は、牛乳や乳製品を摂ると良いと言われています

ちなみに朝ヨーグルトはシッダ的にはダメで、昼がいいとされてます。。。が、インドの暑い気候の中での話ですね。ヨーグルトは体を冷やす効果があるので、暑い昼なのかな?と私は考えますが)






牛乳について

はい。試験間近っぽいのに大学はのほほんとしており、
クラスメイトは修学旅行いっちゃうし
なんか勉強よりも別のことしてる時間のが長いような最近でかなりヤバイです。
でもどうやったら一体焦ることができるのか・・・大学行くたびにやる気そげます。はぁ。





先進国で健康系に興味がある人は、
「牛乳飲むな」論を確実に耳にしたことがあると思います。
牛乳を飲むほどカルシウムが減る、などといわれていますね。

シッダでは、「牛乳を飲め」と教えています。
牛乳は最高の飲み物、とも。

さて、どっちが本当なんでしょう?

わたしはここに来るまで牛乳飲まない派でしたが(アメリカとかすごいもんね、牛乳反対が)
こっちに来てから毎日飲んでます。

でもこれ、シッダ医学的にも説明がつきそうな話なのです。


1)シッダ医学では、

健康な牛からとれたそのままのとれたての牛乳

は、「万病を治す」と言われ、
カーヤカルパ(若返り薬)のひとつとしても数えられています。


クリシュナは、牛のお乳を直接牛のおっぱいから飲んだと言いますが、
このスタイルがまさに、シッダのいう「カーヤカルパ」のための牛乳の飲み方です。


しかし先進国では・・・牛乳は即手元に届きませんよね。
パッケージされ殺菌されお店に並んで初めて手に入ります。

つまり先進国で手に入る牛乳はシッダ医学でいうカーヤカルパ薬ではありません。

わたしは毎日家主の飼ってる牛の乳をもらってますが、それでもこのクリシュナスタイルは不可能です。
とって数時間経っている上に、煮沸して飲みますから。


2)
シッダ医学では、

朝・夕とれる牛乳のプロパティが違います。

ちなみに朝とれる乳は子供に向いていて
夕方とれる乳は大人に向いています。

しかし・・・これらをMIXしてしまうと、そのプロパティが失われ、
もしかしたらそれ以下のプロパティになるかもしれません
(先生が言うには、体に悪くなる、とのこと)


先進国の牛乳は・・・明らかにこんな分け方できませんよね。
確実に混ざってます。


3)
シッダ医学では、

牛の柄によっても牛乳のプロパティ違います。

そして、牛が何頭子供産んだか、っていうのでも違います。


牛乳はシッダ医学ではそれだけ繊細な飲み物として珍重されているんですが・・・


前述の朝・夕MIXと同じ通り、
先進国では明らかにこの牛乳もMIXされていますね・・・。


4)
シッダ医学的には、

健康な牛からの牛乳

と書いてあります。


不健康な牛
ゴミを食べている牛

の牛乳は、有害とも書いてあります。
はっきり「飲むな」と。


こっちの牛さんは、草をたくさん食べております。

・・・先進国の牛って・・・
抗生物質漬け、草じゃなくて穀物とか、肉系も・・・食べてたよね・・・
これってシッダでいう「ゴミ」にあたる気がします。







ということで、
シッダ医学が伝えている「飲むべき牛乳」は
先進国にはないのでは・・・?

つまり、先進国の人が話してる「牛乳よくない」の意見は正しくて
シッダが言ってる「牛乳飲め」も正しいのです。

先進国の牛乳は、朝夕MIXであり、全種類の牛乳がMIXされ、新鮮でなく、
悪いものを食べている牛のお乳・・・ということでシッダ医学的にもたぶんお勧めできないかもしれません。


シッダ医学は12000年の歴史があると言われています。
その長い間、牛乳は大切な飲み物として扱われ、
インドではみなさんご存じのように、牛乳を出してくれる牛は神様として扱われています。
これは、牛の尿や糞も牛乳以上に有効であるからでもあるのですが、
それだけ大切にされているものには、何かあるはずで、その尊さの確実性は
先進国の数年のみのリサーチよりも高いはずです・・よね。
でも、シッダ的に考えてみたら先進国の牛乳も・・・???でした。ということで。


牛乳コントラ論に疑問を持ってる方が少なからずいるようなので書いてみました。
ってか私も、何気に牛乳否定派だったのでこっちきたときはビビりましたが、
郷に入れば郷に従えって感じで牛乳否定派ももちろんアメリカの文化の影響を受けたものだったし
今はインド人のやり方に従って、しぼりたて牛乳飲んでます。(まあしぼりたて牛乳だから飲んでるんだけどね)

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ