旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2014年04月

ある聖なる書からの引用ーシッダ医学やインド医学をかじりたいと思っている人へ

マハリシパラサラはいいました。

私はあなたにジョーディッシュシャーストラをロードブラフマンとナラダ、サヌカラ、そして他の聖者を通して私がシャストラについて学んだ知識を伝えました。

私は自分が師から学んだものとまったく同じジョーディッシュシャシュトラをもっています。





このシャーストラの知識を、けっして邪な人間や、はっきりしない人間、あなたがよく知らない人間、知識を悪用する人間に伝えてはなりません。




この崇高なる知識は、たった一人、ホーラ・サストラの知識を完全に理解した人、そして正直で、礼儀正しく、人当たりの良い、この知識に身をささげ、知識を正しく有用に使うことができる人間にだけ教えなさい。そして頭脳明晰であなたがよく知っている人間でなければいけません。






もし、この世でもっとも偉大なる知識を、心からの信仰と自身の考えをもって学ぶならば、その人は神様からの恩恵を受け長生きし、また健康になり裕福になり、人々からの評判もよくなるでしょう。




だからこそ、マハリシパラサラはマッティヤに、
この「一見よくわからない」言葉でこの知識を伝えたのです。

その目的はこれからの世界に大きな恩恵を与えるためにだけです。



 



・・・・


この書にあるように
これらの知識は
「簡単にさわってわかる」ものではありません。

古代の人々はずっと、死ぬ直前まで最後の秘密は一番近い弟子にすら教えませんでした。
そのように、今まではこの医学や哲学、知識は、その強大さゆえに悪用されないように
ほんのわずかな、選ばれた人間にしか教えられることのないものでした。

しかし現在グローバル化&資本主義の影響で、この情勢が変わってきています。

わたしもふらふらと、この世界に入ってしまった人間なので
この世界への入り方は特に言及しませんが・・・
でも、入ろうと思った人にはそれなりの覚悟を決めてほしいと思います。
私はまだインターン生で、何も達成してないし、難病も治してないし、そこらの整体師さんのほうがよっぽど超すごいわけで全然えらい人間じゃないですが、

聖なる書はこう語っています。


気軽に入って触るような、そしてそれを自分のために使うような人間には
ちょっと気軽にタッチして偉ぶった顔で話すような人間(はっわ 私?)には絶対に教えるな。

この知識を世界のために、他人のために使おうと思う人間にだけ、
そしてそれに一生を捧げる覚悟がある人間にだけ教えろと。



シッダ大学に興味がある~
インド医学に興味がある、行ってみたい。

どんどんこういう方が増えていて素晴らしいことだと思いますが
いちどこの言葉をこころにとめてほしいと思います。


 


 


 

あと申し訳ないですが、わたしのブログを読んでくださって、 わたしの話が聞きたい、という方以外 (単にシッダやインド大学に興味あるという方や アーユルヴェーダ施設旅行を調べてるというような方)は わたしにではなく こちらの会社http://www.travel-a-s.com/か 他の留学サイトに問い合わせてください。 情報収集は必要なことでしょうが私には対処しかねます。 必要ならこの会社か他の留学サイトに連絡願います。

モニターツアー&現地講習会(スリランカ・インド)

インドあついー
むさいー
くさいー
うるさいー
汚いー

・・でもなんか故郷っぽいところが
腹立つ~~


どんなにくたくたでも夜中に起きてしまうのは日本と同じだなぁ。
今回こそは、と思い、シッダ医学のチャプターのナーディを読んだけど
「シッダドクターの処方で」って書いてあって・・・
私シッダドクターだし、シッダドクターいっぱい知ってるんだけどーーー
アガスティアの処方が知りたかったよぉ~!と思ったけど一応医師の名前が指定されてるようなんで(?)
待ってみようかな。
やっぱり歯と顎と疲れ(のせいで不眠)の現在。


ってそんな自分の健康のぐちを言うためにこれを書いたわけじゃなくって







6月以降に


シッダ医学(アーユルヴェーダの源流を学ぶ)スリランカ病院視察・現地講習



シッダ医学 または 統合医療 でデトックス&内側からキレイになる!モニターツアー



をやる予定です。





興味ある方は問い合わせてくださいね。





★現地で五年間修学(首席卒業)した正規インド国家資格医師日本人インターン生が担当(私)
★現地モニターツアーの場合、インドの医療から一番合っている医師・医療を提供します。

アガスティアスガーマハリシナーディLOVE!

疲れてるし・・・

LOVE!!!です。

とだけでも書いておこう(笑)

アガスティアスガーマハリシナーディがなかったら
クベランがいなかったら
たぶん私はインドでシッダ続けてないでしょう。

それぐらいの恩人で、魂の故郷であるのです。


わたしは、
確実に
シッダーたちにまもられているから
だからやっていける。

わたしはみんなでできている 18日インド帰国

わたしはみんなでできている

おばあちゃんがあの世とのつながりをおしえてくれたし
死によって改めて生まれるつながり
死によって救われることがあること
死  は おわりではないということ。


美容室Gricoのエザキさんが
心を込めて切ってくれた髪で
わたしはインドを過ごしていく

この 髪の毛自体が わたしがひとりじゃないという証明をいつも教えてくれる存在までにしてくれたエザキさんありがとう。



こういうふうにね

今回の日本で出会ったひとたち
みんなみんなが
私の中で生きている


わたしは
みんなの
大きな流れに
ほんとうの意味で支えられて
生きてる


だからきっと
何も悪いことなんて起こらない
きっとみんなうまくいく
流れにのって



いままで
わたしだけだとおもってたのに
ほんとうは
わたしは
わたし以外のものでたくさん出来上がってると知った

ごはんと洗濯おかあさんありがとう
毎日働いてお父さんありがとう
いろんなものの見方をおしえてくれたきっと前世からの友達
そして実際に一緒にいろんなものをみて、本当にありがとう
自然治癒力について見せつけてくれた平野先生ありがとう
治療家としての姿勢を教えてくれてありがとう
平野先生を紹介してくれた前世からの知り合いは私だけじゃなくて私の周りで苦しんでる人を整体師の紹介によって助けてくれた

10年ぶりに会った小学校のともだち。

私だからできるんだよって言ってくれた友達。

運命と証明されてるから大丈夫やろって言ってくれた友達。



インドに戻るとわたしはひとり
ひとりでたたかわなきゃいけない
ビザの更新
ひとりでインターンの手続きを済ませること
奨学金の問題
どうしてこんなに長い間日本にいたのときっといわれるだろう
先生たちにぐちぐち言われるだろうことも耐えなきゃいけない
家の掃除も大変なことになってると思う。
これからの病院研修も
ぜんぶひとりで選択してひとりで学ぶ。

誰も助けてくれないし
一緒に学ぶ同志もいない

すべて
ずっと
ぜんぶ
ひとり。


また、ちょっと心を和ませる場所もない
ちょっとリフレッシュすることもない。

これからは
ほんとうに
たったひとりで
修行なんだ


この孤独は、
たぶんこの世の誰にも分かってもらえないと思う。


でもだからこそ。

だからこそわたしは、
わたし自身がほんとうはいろんな人たちとのつながり
日本で会ったひとたちも
日本で触れたものも

わたしは、
ほんとうは孤独なんかでもひとりなんかでもなくて、

いろんなものからできてるってことを

もっともっと認識して
強く 立たなければいけない。




エザキさんが心をこめて切ってくれた髪。
友達がおそろいでくれた髪飾り。
たぶんそういうものでわたしはひとりじゃないってことを思い出して行く
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ