旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2014年05月

ナーディとホロスコープとは?

ナーディとホロスコープって何?




「ホロスコープとは、創造主ブラフマンが、何のえこひいきもなく、ただ公平に事実上起きた、私たちの過去の良い行い、悪い行いに基づいた恩恵または天罰を、個人それぞれに基づいて、計算する技術である。
創造主は彼の運命と過去世に基づいて、このホロスコープを定めた」



小宇宙と大宇宙が互いに影響しあっているという概念から、
(たとえば月が潮の満ち欠けに関係したり、満月が生理や、精神病患者(lunatic)に影響したり、死ぬ方も満月が多かったりしますよね)
月、太陽、そして七つの惑星が人間の行動パターン、性格、身体的特徴、病気、寿命、事故、仕事、趣味、興味、結婚、家族、など様々な状態に関係していることが
インドの科学では解明されています(またこれらの惑星たちは、可視光線、不可視光線ともつながりがあります)

ホロスコープとは、この概念に基づいて、個人の情報を読みとく技術で、
現代でいうと「遺伝子」にたとえられ
遺伝子コードを読みとくようなものと比較できるでしょう。

遺伝子が、生まれる前からあらかじめ存在しており、そのコードに沿って私たちの体ができているように、
ホロスコープも、創造主ブラフマンの意志により、生まれる前に定められたものです。
遺伝子では、「なぜ こんな両親をもったのか」「なぜ この土地に生まれたのか」というような最大の謎にはまだ答えられませんが、
ホロスコープでは計算によって解明できます。

体はそれ自体が小さな宇宙であり、大宇宙にあるものは小宇宙に存在し、
小宇宙(体)にあるものは大宇宙に存在します。
少し頭を柔らかくすれば、からだの中にある遺伝子情報が
大宇宙にも存在している、と考えることができますよねん。





「太古の科学者たちは、これらを緻密に計算する技術を開発し、
個人個人の"素晴らしい人生内容"や
"災いが起きる場合のあらかじめの忠告"をすることにした。

中略

災いが個人に降りかかり、個人を混乱させたり悲しませるのを
防ぐ(やわらげる)ための、治療方法も開発し、
それによって個人が災いから逃れ、人生がより豊かになるようにとした」



これはこのままの意味ですが、"健康診断"と"処方せん"の
もっとスケールのでかい人生ヴァージョンと考えていただけるかと思います。
言ってみれば我々医者や医学も、「病を治す」ところが目的ではなく
真の目的は「病によって苦しむ人を救い、その人の人生を病という障害から遠ざける」
というところにあるはずですよね。
病気が標的ではありません。
その「個人の人生の障害を取り除き、より豊かなものにする」
という、医療にも当てはまる考えに沿って
もっとスケールがでかくなって人生全体と生まれてきた意味や目的を達成するため
起こり得る障害を病気だけでなく、事故やビザ問題(笑 私の体験)恋愛問題(笑。私の体験)
や仕事やetcまでフォーカスした
人生の処方せんが、太古の科学者たちが開発したホロスコープと
ナーディリーディング技術だと言えます。


「この、人びとに起こり得る障害を予め警告し、起こり得る人生の難題からの
回避の方法を教えるということを
太古の科学者たちが個人個人のホロスコープを処方した
もっとも大切な目的である」



(「JAATHI AKKAL KAARAM」の英訳の日本語訳)



ウルドゥー語のことわざ
「神は痛みを与えるが、同時に薬も与える」




ナーディリーダーグル、カルナカラ博士の英訳文を
解説つきで訳させてもらいました。

ふー
インド英語要領得なくてむずかったw

ビザ更新!!

ビザ更新!!

「もしかして日本いってとりなおしたほうがいいかも」

「最低一ヶ月、5ヶ月かかる場合もある」

とまで言われてたビザが、
切れる前日である今日、一年分の許可が降りました!

今までの4回の延長申請の中で最短記録でソッコーで降りた。。。

ぶっちゃけ一年じゃ足りないんですが。。。また来年度更新し直しということですが、

プージャやってたおかげとしか思えないです。
だってオフィサー自身に「日本いってとりなおしたほうがいいかも」とか「5ヶ月ぐらいはかかるはず」って言われてましたし、
こんな即降りるなんて思わなかったしびっくりです。

外国滞在のためのプージャ、めっちゃ効いてる。。
「めっちゃ祈ったからね俺!!」ってナーディリーダーのクベランも言ってました。


はぁー
とりあえずひと段落。
むっちゃくそ疲れたー


でも大学は「休みなしで365日インターン来るよね?」「ビザ終わったしソッコー来るよね?」みたいなこと言っててちょー疲れます。
休ませろよ!!

結婚式

結婚式

近所の携帯屋の兄ちゃんの結婚式行ってきました。
勝手に、田舎娘かしら相手は?と思ってたら、
滅多に見ないインド美人ーー。惚れ惚れーー。
目が切れ長で、鼻筋とおってて、まつげながーくて、
色白で、ほっそりしてて、上品な感じの美人さんでびっくり。
しかもアーユルヴェーダ医大の学生だそうで、後輩みたいな感じ。
なんかいい出会いでした。気が合いそう。

携帯屋の兄ちゃんも超いい人だし、
インドではあんまり見ない(悪いけど)お似合いカップルで
もしかしたら恋愛結婚なのかも。

なんかとにかく携帯屋の兄ちゃんは根っから素直にめちゃ嬉しそうで、
幸せを分けてもらえて今も私もぽやーんと幸せです。

今の私には結婚なんて考えられないけど、いつかあんな風な、
みんなに幸せを分けてあげられるような素敵な結婚式とか、挙げられる日がくるのかなあ。

その前にやらなきゃいけないことがいっぱいあるんだけれども。
時が来れば自然と出会うんだろな、出会うべきひとに。
って自分の話じゃなくて、

お嫁さん綺麗だったーーーーーwwwwww
インド美人ひさびさーーーーwwww
純粋にひとが幸せなのって、すっごく幸せ⭐

ナーディリーディングのチャプター

基本の章は1-12章。
第一章は必読。
1章ごとに料金がかかります。




1) ※必読
生年月日、名前、ホロスコープの詳細、人生の中での難題、解決法、人生全般について、家族について


2) 教育について。
資産、家族(子供)、視力、教育、プレゼン•スピーチ能力について

3) 兄弟、姉妹について。
得るものと失うもの、人生の難題、など

4)母親について。
母親の資産、ビジネス、またいとこについて、死について

5) 子供について。
子供の数、彼らの病気、難題、死、教育、彼らから得る利益について。
もし子供が得られないか遅れるなら、その理由について。

6) 難題について。
病気、借金、法律問題、敵について。いつ難題が訪れいつ解消するか、その解決法について。

7) 結婚について。 
いつ、どんな人か、再婚の可能性、どの方角出身か、身体的な特徴、イニシャル、色、別れ、どんな利益や資産をもたらすか、難題について。


8) 寿命。
いつ死が訪れるか(何年何月何日) どこで死ぬか(家、外など)、どのように死ぬか(事故、病気など)

9) 父親について。
父親の資産、病気、難題、死ぬ時期、いつ師に巡り会えるのか、お寺や井戸などを建てることについて。

10) 仕事について。
どの時期にどんな仕事をするのか、どんな内容の仕事なのか(パートナーシップか、雇われるのか、自営業なのかなど)、転職について、仕事における問題とその解決法について。

11)利益について。
どの年齢でどんな利益を得るか。再婚について。それによる問題と利益について。人生のチャンス(好転する機会)について。

12) 損失について。
どの年齢でどの期間起きるか。海外旅行について。政治について。性生活について。来世かまたは解脱について。それらの問題の解決法について。



特別章(料金は約倍額)

1) シャンティカンダム
前世について。前世によるカルマの影響とその解決法について。そして上記12章すべてにおける問題解決法について。

2) ディークシャカンダム
黒魔術、呪いについて、それを解く方法、ビジネスでの向上について、法的問題の解決法、結婚、教育、それらを達成するためのマントラやタリスマン(お守り)

3) アウシュダカンダム
治療法(シッダ医学)について。何の病気か、その病気の処方せん、いつ治癒が訪れるのかなど。(シッダ医学)

4)ニャーナカンダム
スピリチュアリティの成長、悟りを開く可能性、どんな師に導かれるのか。

5)ダシャブクティカンダム
人生の時期にそっておきるできごとについて。



※これからもわかるように、
ナーディの最終目的は「人生における難題の解決」です。
これをよく理解した方のみ代行いたします。

ナーディリーディング代行の理由

私が代行を始めた理由

まず、ここ数年でナーディの館やナーディリーダーを直接のべ少なくとも10人以上の日本人、外国人、現地人に紹介しました。中には「館にたどり着けなかった」という方もいるような中、館でアポをとって直接リーディングができたラッキーな日本人の半数以上は、タミル語の通訳がうまく訳せないところもあり、はっきり真の意を理解できず、あやふやだった、という方が多く、けっきょくリーディングができてもナーディの意味が伝わっていないとわかりました。
なのでそういった方の中でほとんどはプージャの意味も分からず、プージャも行わないまま、ナーディに書かれていることを理解しないままになっています。

せっかく葉があるし、読めたのに、非常にもったいないです。

私はナーディリーダーと個人的にも非常によい友人関係にあるので、その意味でもコミュニケーションがうまくでき、彼のリーディングを、他の人よりも正確に伝えることができると自負しています。直接本人が行くよりも私を介した方が意味が伝わりやすいし、本人自身の徒労も免れます。



また、私が紹介した人が他の人をつれてきて、その人が代金を値切ってしかも読みに戻らなかった、という非常に失礼なことをした、などということもありました。こんな人はもう連れてこないでくれ、と私は直接ナーディリーダーから叱られました。私はその人を知らないのにも関わらずですが、紹介となると、こういうトラブルを招きかねません。

なので、このようなトラブルに逢わないためにも、もう、ナーディリーダーの紹介は一切やめて、私が代行する形の方がナーディリーダーやナーディの権威も守られると私は結論しました。
希望する方には紹介せず代行のみ、というかたちに変えることにしました。

こんな勝手に色々決めていいのか?という葛藤もありましたが、
ナーディに私が他人のナーディリーディング代行をする、と書かれていたので、
今までの経験を通じた上で決めた私の方向性は間違っていないはずです。

私が代行をすることによって、わざわざインドで必死に場所探しして、タミル語の通訳雇って、それでいて訳がわからなかったということもなくなりますし、
ナーディの格も守られるだけでなく、
ナーディを読みたくても読めなかった人が読めるようになる、という大切なメリットもあります。
ナーディは全人類に向けてかかれたもので、読むべき人が読むべきものです。
ささやかながら、読むべきでいるけれどきっかけがなかった人へのきっかけとなればいいと思っています。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ