旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

2014年08月

パディ・パス・パーサムとキリスト教~我々的解釈~

シッダ哲学では非常に大切な、なんというか・・・私たちがこの地球上で生きる目的、
生まれてきた理由を説明するセオリーがあり、それは「パディ(主)・パス(私たちの魂)・パーサム(主と魂を別々に隔てるもの)」です。

パディ:主・グレートスピリット・Something Great
パス:私たち・魂・生き物すべて
パーサム:覆い・壁・私たちとパディを分ける存在・そして同時にこの世の全てのものはパーサムからできている

創造主が我々を創ったとき、
もともとパディ(主)とパス(私たちの魂)はひとつだったのですが
パーサム(壁)のせいでバラバラになってしまいました。

完璧な姿というのはパディ(主)とパス(私たちの魂)が一緒になること(※注意:”ひとつ”ではなく、”ふたりでひとつ”なイメージ)
パーサムで創り上げられている世界にいる私たちが一生懸命パディ(主)に近づこうとする・・・
(まるで、精子が卵子に向かっていくような感じ)

それが私たちが生きてる「この世」であり、私たちが産まれた理由だとしています。


一体、何が原因でそんなことになってしまったのか。

このヒントは、もう1つ大切なシッダ哲学の要素、「アーナバン(エゴ)」と
キリスト教のアダムとイブの話からヒントを得ることができます。


本来私たちは完璧な存在で、主と一体だったのですが、
ほんのちょびっとの「疑問」を感じたために、
パーサムに隔てられ、主との壁ができてしまいました。


これは、アダムとイブが楽園で幸せに完璧に過ごしていたのに

ヘビにそそのかされてリンゴを食べてしまったために
自分の存在に疑問を感じてしまい、楽園を追われたのが私たちの起源であるということと
重ねて考えることができます。

この、ヘビって何なのだろう?と思うのですが、

これはシッダ哲学での「アーナバン」にあたるんだろうと考えられます。


アーナバンは、現代語でいうと「エゴ」、すべての諸悪の根源であり
「これは私のもの」というコンセプトを与える存在です。これはこの世にたったひとつであり
すべての人たちがこのアーナバンを共有していることになります。
エゴは世界でたったひとつなんですよ!!!!
※ここで知っておいていただきたいのは、エゴは「自意識」とは全く違います。
自意識はいわゆる「自己の認識」「自分という存在の認識」「自分の魂の存在の認識」
=”我想うがゆえに我あり”
というだけであり、全くもってエゴとは別の存在です。ここらへんは、現代心理学でも指摘されていることだったはずですよね。



ヘビがそそのかした。

アーナバンは諸悪の根源で魂にくっついていて取れない。


どちらでも、「ヘビ」は、アダムとイブとは別の存在であり、
アーナバンは魂とは別の存在と言っている。



私たちの中で聖書のストーリーのヘビとこのアーナバンの存在が重なったとき
聖書のいう「私たちの起源」と
シッダ哲学のいう「私たちの起源」は同じことを指しているのだということが分かりました。




わたしたちはむかしは完璧だったのに
それが「何か」によってぶち壊され
本来いるべきところから、隔離されて生きている
だから
また、完璧な世界に戻るために、ここでそれを求めて旅をしている。

それには、様々な道がある。


Some act
Some sail
Some sing
Some dance

会いに行く

少し気になったことがあったのでうまくいくかわからないけど
しばらくやってなかった、体を抜けて他の次元に行く(あすとらるとりっぷってやつ?)ことをした。

様々な未来の可能性をみた。

わたしたちができることは、
最悪の事態が起こらないように、
そして、より良き未来が本物となるように働きかけることだ。

私たち、一人一人に与えられた大切な使命がある。
それは肩書きは外見からは何のかかわりもない。
大切なのはそれを達成すること。


そして私たちが、「自分への関心」ではなく
「他者のために、自分に関心を向ける」という意識で
自己を越えようとすること。

自己を超える、自分と向き合う、といった課題の先に「他の人たち」が存在していることの大切さ。



肉体に備わっている欲望を簡単に超越できるほど、魂の欲求はすさまじい。
魂の欲求に応えるとき、肉体に備わっている欲望は全くもって大したものではなくなる。
肉体に備わっている欲望は、常に何かしらのつながりを求めているが
魂のレベルで他と溶け合うことを、本当の意味で体感したとき、肉体の欲求はなんでもなくなる。
超越してしまう。



うーん、あの世(とか、5次元・6次元の世界)というのは、
私たちの、五感で感知して脳で理解するという形式をとっている三次元の世界とは全然違うので
そこで体験したことはものすごく説明がしづらい。


本当にたくさんのことに答えをもらったので、それをそのまま会話形式にしてブログに公開したいのだけど、
許可はもらえなかった。



道は
用意されている。



全ての人
ひとりひとりが
肩書きに関係しない
外見とは全く何のかかわりもない
その規模は何も関係がない
大切な使命を持っている


もし
仲間がいないと嘆くならば
今まで、何かを達成した歴史に残るひとを思い出しなさい。
その中のうちの一人でも、
仲間とともに何かを成したか?
それとも一人でも何かを成したか?


エボラ出血熱

エボラ出血熱の治療について、私の頭の中で少し考えてみました。
新薬で治る人が出ているということですが、ここインドではたぶん無理・・・

となると(っていうか、とならなくとも・・・インドの西洋医学レベル低いし
実際西洋医学でどうにもなってないし今・・・)

やはりエボラ出血熱には西洋医学以外のシステムのどれかを選ぶのが最適だろうと考えます。

しかし、どのシステムが一番適しているのだろうかが生死を分ける問題。



高熱、嘔吐、下痢、体のあらゆるところからの出血、という症状を考えると、

シッダ医学でも、エボラ出血熱のような症状の病気の記述があります。
ここでは記述しませんが(しても無駄だし)


タミルナドゥ政府に公式認定されている、デング熱に使われる、熱病のための煎じ薬
出血病・下痢・嘔吐の全てに効果があるパルパム・チェンドゥーラム
か?


と頭では考えています。

頭では考えるが、臨床ではどうなのか私の力では分からない。


臨床歴30年近くになるベテランホメオパシー主治医の先生に聞いたら、
先生的にはこれらの症状を考えると明らかによく効く薬があると言っており、
「ホメオドクターだったら誰でも見当ついてると思うよ」と言っていました。


とにかく潜伏期間で可能性がある場合・初期症状で食い止めないと。
とりあえずこっちで自分に何か起きたらホメオパシーを選ぶか…。
(患者さんたちに試す自信はないので自分は自己責任でそう決める。)
そして衛生面での予防にはシッダの薬で消毒がいいかな・・・。


実験してる時間がないので確実性の高い医療システムを選ばないといけません。
シッダでもたぶん私が見当をつけている薬などがあるけど、
即効性が高いのはホメオパシーだろうしな…
ホメオドクターたちは自信をもって薬を出せるようなのでやっぱりホメオか。



ちょっとシッダドクターたちとエボラ出血熱の薬についてディスカッションしてこなきゃ。
(今までなんでやらなかったんだろう…アホだ)

チェンナイ修行

超色々あるのですが・・・

とりあえずチェンナイの政府病院で2か月修行をしてきます★

クラスメイト(特に男子)は、すでに10か月インターンを終えて外部病院勤務も終えているので
すっかりドクターになってます(という風に私には見える)
首席で、しかもケララの大臣から直々に表彰を受けた私は
クラスメイトたちからすっかり取り残されています。何のための首席・・・???

私はクラスメイトたちよりも8か月遅れでインターンを始めたのですが

(2か月→インドの3年半のダメージから回復&知り合いのドクターのところでちょこっと自分でインターン
6か月→日本でインドとのギャップに苦しみまくりながらも一応なんとかかんとか講座を・・・)

この長いブランクには一応、神様とシッダーたちからの愛があったっぽいです。
(この長いブランクのせいで、実践に何の自信もない私ですけど・・・)



私がインターン開始した後に、ルールが変わって、
みんなに大人気のチェンナイ病院勤務が今まで1か月のみだったのが
2か月OKに変更になった!!
しかもみんなが「超意味なかった」という、トリバンドラム市内の政府病院の勤務をカットするか、
うちの意味なし大学病院勤務をカットすることによって2か月勤務にOKに!!

うちのクラスで唯一私だけがチェンナイの勤務2か月をGET!!★★★★いえーい!!




しかも、みんなが言うには「一番最初にチェンナイ行った方がいいよ」とのアドバイスでしたが
以前(みんながインターン始めたころ)では、
まず、トリバンドラムの政府病院→チェンナイという順番だったそうです。
トリバンドラム政府病院では、マッサージなどを完全に任されるけれど、
チェンナイではマッサージなどを教えてくれるそうです。

なのでチェンナイで学ぶ→トリバンドラムで実践が本来はいいらしいのに、
なぜか規則でトリバンドラム→チェンナイという順番でしかみんなは行けなかったそう。

だけど私は、異例として、

チェンナイ→トリバンドラム が可能に!!!!★★★★


さらにいうと、
大人気チェンナイ病院インターンの中でも特に大人気の大先生、Dr.Gopukumar(マルマ・整形外科)が
今年度で引退するため、
他の後輩たちは2か月の勤務がOKでも、
後輩全員が平等にこのGopukumarドクターから色々と伝授してもらうため、ということで、
1か月→Gopukumarドクターが引退後にまた1か月

という形になるそうですが、

私の場合はなぜか、2か月連続で勤務をGET。
Gopukumarドクターという、みんなに大評判の先生に触れるチャンスが2倍に!!





けっこうな問題は、最初の1か月ぐらいは日本人の方のところに居候させていただくのですが
次の1か月、どこ行こう・・・って感じなことですね。
まあ、ここまで神様が味方してくれてるっぽいから大丈夫でしょう。タイミングよく見つかるんでしょう。


うふふ、なんか、悲しいけど久々に医学のこととか、最近聞いた症状がどの病気に相当してどんな治療がいいかとか妄想しながらノートを見つめてるだけでにやけてきちゃった。えへへへへへへ
うふふ~ 大好き~ 症状とか状態を診て、それを古典の何に当てはまるか考えて、そしてそれに対する治療がなにか考えるというほど楽しいものはないかもぉ~~~ えへへへ チェンナイ超楽しみ!!!!


一生臨床やりたい。やばい。楽しすぎる。

遺伝子と運命、ホロスコープ

・・・ちなみに、「やっぱり」と思ったんですが、
最近、帝王切開を望む妊婦(普通出産できるのに)がかなり多いと
ケララでは聞いてました。

それは、「痛いのが嫌」だからなのかな?と思ったのですが、

それではなくて、やっぱり・・・

こっちの世界で、命の次に大切なぐらい大切にされている「ホロスコープ」を逆算して、
「この日のこの時間に生まれると良い運命になる」と占星術師に教えてもらって
わざとそのタイミングに帝王切開するらしいです…

何それ。
っていうか、絶対、そういうことやると思ってたけど・・・やっぱりそうなんだ。


ホロスコープはこの社会では非常に大事。
結婚は、ホロスコープのマッチングのみで決められると言っても過言では全くありません。
現に私のクラスメイトも、「今が時期なんだって」と言って超猛スピードで相手を探しているそうです。
彼女は伝統医の家系で、これから先も確実にそっちの道を進む子なのですが、
そしたら相手は普通、同じ系統の人がいいだろうって思うけど
「ホロスコープが決めるので相手の職業は分からん」だそうです。

それほどに、本人よりも優先されていると言ってもいい占星術。

そして最近増えている帝王切開の理由のひとつに、「占星術的にいいタイミングにしたい」
というのがあげられるそうです。
(他には、「普通出産は痛いから」「医者が儲かるから」「医者や看護師にとって時間が決められて都合がいいから」など様々な理由があげられるでしょうが)


・・・シッダの書には、
「子供は、アバナン(下降する力)を借りて、
神様の意志によって誕生する
とあります。

私はまだ、産婦人科のポスティングに行っていませんが、
行ってきた子は「生命の誕生ってすごいことなんだってマジ実感する!!!」と言っていました。
それを見なくても、そして出産を体験しなくても、
子供が生まれてくるときの経緯(産婦人科)を学べば、普通に、

★胎児には不思議な意思があり、生まれ方を知っているということ
★胎児が積極的に動いて、出産が起きる

ということがよく分かります。


胎内記憶がある子供たちは、
お母さんのおなかの中から外が透けて見えた、という話をするし
赤ちゃんは自分が産まれてくるときを決められる、といいます。

つまり赤ちゃんには、私たちの頭脳の領域を遥かに超えた、知性(叡智)が備わっていて
胎児のころから、意識と意思が備わっているのです。



占星術でその人のデータが計算できるのは、
それぞれの人たちにはあらかじめ大体の人生が産まれる前から定められており、
産まれる時間もそれに基づいて決まっているからです。




・・・それを逆算して、コントロールしようとするなんて・・・・!!!!!


現代医学で言えば、遺伝子組み換えみたいな感じですね!!!!!



※友人から「ホロスコープのせいで結婚できない子もいるし、親心なのでは」というコメントを頂きましたが、
純粋な占星術の考え方・そして占星術が正しいという前提←だからこそここでは大切にしてる訳ですが
では、「創造主ブラフマンが、過去の行いに基づいて、次の人生を定めた」という大前提があります。
産まれてくる子たちは、すでに人生があらかじめ生まれる前から大幅に決まっており、
さらに、それを全うすることにより、過去世で悪いことをした罪を解消します。
なのでたとえば「結婚できない」というホロスコープ(ここではそれが”運命”と前提します)では
結婚できない何かの理由があってその人は生まれてきているわけで、
それを、ただ単に出生時刻を変えるだけで変更しようというのは、創造主の考え・自然の摂理に反する行為であり、本当のインドの哲学の考え方では、それは生まれてくる子供の真のためにはなりません。

これは、必ず人類に一定の比率で生まれてくる障害児にも言えます。
ナショナルジオグラフィックか何かのリサーチで発見されたのですが、
障害児が一定の比率で生まれてくることによって、その地域の他の人たちの健康がコントロールされている
ということがありました。
障害を持つことは、インドの哲学の考え方では、過去のカルマを解消するためやその家族のカルマを軽くするためなど、色んな理由があるのです。家族やその社会の問題を一手に引き受けてくれていると本当は考えるべきです。
でも今現在、社会が、障がいのある人が生きにくい社会のために、おなかの子供に障がいがあると分かった場合、中絶が合法化されています。

もし、子供が、生まれるべき形、そして生きるべき形で生きられなかったら、
その子供の運命は、次の生に回されます。そして次の生でもっと苦労して苦しんでいかなければいけません。
これが、占星術が基盤になっている哲学の考え方です。

本当にこれは、長い目でみて、広い目で見て、その子のためになっているのか。

そしてもう1つ、占星術師の言っていることが本当に正しいのか??
医者がピンキリのように、占星術師もピンキリです。
これでは、(もともとけっこうそうですが)占星術師の腕に、人の運命がゆだねられてしまいます。

そしてエピジェネティクスでも、存在している遺伝子をON・OFFするファクターが存在しているように
占星術の”読み”も、リアルタイムで変わります。
私たちの体系とか、内臓の位置とか、骨格とか、あらかじめ決められているものはあるとしても
それに準ずる様々な細かいことの可能性は、ファクターによって変化します。
これはエピジェネティクス(最新遺伝子学)でも発見されていることです。



また、もし、ホロスコープを変えることが「親心」なのならば、
帝王切開をするときにかかる費用で、プージャを行えます。
占星術の真の目的は、人生をよりよくし、なるべく生きる苦しみを減らしていくことです。
もし「結婚が難しい」ホロスコープならば、それを「結婚できる」ように変えるプージャが存在します。
そうやって働きかけるほうがはるかに確実で、自然の摂理(占星術の基盤)に反していません。


記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ