どうにも身体がままならないので、先生であり(有能な)医者である
先生に会いに大学に行ってきた。

にこにこ顔で「おめでとう!!!」
「君は、色々問題があったにも関わらず本当に頑張ったね!試験!えらいよ!」
と早速誉めてくれる先生。

「だるいんですけど・・・」と訴えると即効で
「薬飲みすぎだね」と言われる。薬飲んでること伝えてないのに。
肝臓の薬をもらい、そのまま副校長先生に会いに行け、と言われる。

・・・医者に行くだけのつもりだったのに、学校に行くのか・・・疲れるな・・・

と思いつつ、はらはらしつつ、新しい副校長のもとに行くと、
とってもフレンドリーな方で、本当に安心しました。

副校長先生と道端で話していたら、

「アユミーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

と、声が!!!


後ろでくすくす笑ってるのは、クラスメイトの子たち・・・!!!!


「元気だった?!超久しぶり!!ちょっと太ったね?
髪切ったの?いいよ!似合ってる!素敵だよ!」

と、

ぎゅーーーーっとハグしてくれるみんな。


おみやげのパイの実は、おかげさまで大人気。
インドではチョコが人気で、ケーララではパイがあるから、親しめる味なのでしょう。


教室に入ると、

「きゃーーーーー!!!アユミ!!!!!!!!!
おめでとう!!アユミは、クラスで4位だったって!試験!!!」

と教えてくれる子たち。

「アユミアユミ!大丈夫だよ、クラスのノートはとってあるから!」
と言ってくれる友人。


「私は今日から数日ここから逃げる(笑)けど、また会おうね!超うれしいよ!」
と言ってくれる友人。



「・・・私、どうすればいいか分からない・・・・」と相談してくる子。


・・・たくさん、いろんな人に、

ウェルカムをもらいました。



先生もすごくうれしそうにお土産のペンをもらってくれたり
修正テープをもらってくれたり・・・。


みんな、私が戻ってきて、本当にうれしそうでした。


誰も、「私よりアユミのが成績がよかった・・・」と恨む子もいなくて、
みんな本気で「試験の成績良くて、パスして、よかったね!」って言ってくれる。



なんて、いい子なんだろう。
なんて、あったかいんだろう。




私の居場所は、ここしかないんだ。
今の居場所は、ここなんだ。




学校に行くこと自体
学校の勉強自体
学校のマネージメント体制自体はつらいけど



このクラスメイトたちがいる限り、やっていける。


・・・だから神様、この子たちと一緒に、みんなで、卒業させてください・・・!!!!

みんな、試験に通らなくて困っています。みんなで、卒業させてください。お願い、神様。

みんなのために祈ります。


そして長くなったけどみんな、ありがとう。



みんながいるから、やっていける。
みんなは、私の仲間だ。



人生初めてのクラスメイトをありがとう、神様。