2005年5月の記事より

わたしは

歴史の流れの中にいて
そして
 ほんとうにほんとうは
 しんだひとも いきてるひとも
関係なしに
みんながみんな いっしょで、
つながっているの

だからわたしたちは幸せにはなれないね
 わたしたちの快楽が他人を破壊し続ける限り

因果応報
おかしたつみは消えることもなくわたしたちに
絶対的にかえってくる
それこそが 真の平等性。