こんないい恋ぜんぜんしてなさすぎる…。

テレビで私は人生を揺るがす大恋愛してたイメージのある皆さんゴメンなさいというぐらいの勢いで。


傷つくことも虚しさもそのせいで涙するとしても、「自分の気持ちと誰かに真剣に向き合うこと」の結果なのだなと気づいた今。(もちろんインドへ行ったアノ時は120%そんな感じでしたけど完全に忘れるよね大人になって色々残念なことが起きるとさ)


今まで傷ついて人生に支障が出るのが嫌すぎて恋愛とか金輪際したくなかったけども、(私的には仕事が常に優先)


切なさとか張り裂けそうとか、

そういう苦しさが

「自分の真実の心で誰かを想うこと」

羨ましく感じてきたかもしれない。


ほんとうの気持ちとか

ほんとうの考えとか

この世界の本当の現実って

科学論文の世界でもめちゃくちゃ難しくて、

科学者も「自分が見たい結果」を論文に反映してることはとっても多いというのが最近痛感してること。


ほんとうのこと

ほんとうのことだけをいうこと

自分のほんとうだけを生きること


難しすぎるし嘘ばっかついていつからか
嘘なのかほんとなのかよくわかんなくなるって
ほんとうによくあるけども 

サイエンティストとしても、

お医者さんとしても、

占い師としても、
真実を話すというのは 

っていうか人間として一番大事すね。