旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

散文

散文リピ 因果応報

2005年5月の記事より

わたしは

歴史の流れの中にいて
そして
 ほんとうにほんとうは
 しんだひとも いきてるひとも
関係なしに
みんながみんな いっしょで、
つながっているの

だからわたしたちは幸せにはなれないね
 わたしたちの快楽が他人を破壊し続ける限り

因果応報
おかしたつみは消えることもなくわたしたちに
絶対的にかえってくる
それこそが 真の平等性。

日差し ・・・

日差しが強すぎて女の子は目を細めた。
どうしてこんなに草の原はまぶしいのだろう。ろくに陽が照ってるとも思えないのに。
落ちている木の枝すらも、ぎらぎらと光っているほど。よくみると真っ黒で、そんなはずはないのに。
一瞬目をつぶってあけると、それはただの枝だったのに。

いつも
もしかしたら
目が覚めれば
ちがうんじゃないかとか
かわらない陽をながめながら
何もしないまま
それを見つめながら勝手に願う


草をちぎりながら、陽が暮れるのをながめる。さっきまで真っ青で、残酷なまでにも照りつけていた銀色の太陽は、誰も頼んでないのに勝手におちてゆく。どうすることもできないまま、草にすわって、自分からオレンジ色にかわり、山のむこうにおちてゆき、街までもオレンジ色に照らしはじめるそれをみていた。

目をあければそのまま眼球の向こう側にある脳に直接続いてる神経まで焦がしそうなほどの光をはなち、自分の意思のように色を変え、そしてこちらの住んでいる世界のすべての色を変えてしまい、さらには、次の日に戻ってくるまでは我々をこんどは、

まっくらやみの中に放り込んでしまうだなんて、

なんて勝手なんだろうか。

あたりは少しずつつめたくなり、風がふき、沈むのを支えはじめる虫がなきはじめ、鳥はそれをいやがってあわてて追いかけるように飛び出す。

成す術もなく、それをみている。
すわりこんで、ここを思い切り照らしていたときと同じように、草をちぎりながら、今度は闇に抱かれて見えない目をとじながらも、すわりこんであてもなく草をちぎっている。この草も、丘も、丘から見える街も、そのまた向こうの港も、なにもかも照らし変えてじぶんのじざいに色をかえてしまうそれに対して、何もできることはなく、ただ草をちぎって座っている。

街のあかりが、 ぽつり ぽつり と 間に合わせのように、つきはじめるが、丘の上からみえるその光は、ほんとうにあるのかないのか分からないぐらいの程度であり、空は相変わらずまっくらやみのままだった。そうじゃないのよ、というように、星が、美しく暗闇をちりばめてそれは宝石みたいだと思ったけれど、それでも、手をのばした先もみえない。 蛍も ぴかり ぴかり と 空気のなかをとびはじめて、自分の存在を主張しているけれど、その光も一瞬しか続かないのだった。

ここにある光と言えるようなもののすべてが何もかもが間に合わせで、それに比べれば、取るに足らなかった。

何もできることはなかった。



****

映画2本 + フィッシュマンズの音色でおかしくなってしまった。なんだこれ。

生まれる前の誓い

「この身にこれから先、
一体何がおきようと
この身に何があろうとも、
どんな災害がわたしを滅ぼそうとも・・・・

焼けて死んで生まれ変わる不死鳥のごとく
この地に何度もでも降り立とう」

たぶん、こう誓った、
うまれる前に、
何度もこう誓ってるだろう、



うまれる前にすでに。

こころ 魂

自分を愛するとか認めるとか関係なしに

おなかの底で眠っている”なにか”
が願うそれの体現者として

わたしは生きたい。


自分を愛せ、認めよ、ではなくて

ただの、この奥で眠り呼び起されたい「何か」
を体現するためだけに

私の体は在る

ただ、それだけのことだ。

そう、どうすれば

部屋の隅っこで体育座り
どうせ分かりやしないだろうと
じぶんを諦めて
放っておくに限る

眠らせようとすれば厭がり
起こそうとすれば起き上がらず
約束をすれば破りたがる この身体

体育座り パソコン眺め
この先はまったく見えないまま
足元も照らさずに
目も見えなくなって
音が聞こえてくる

いなくなればいいのに
終わらせればいいのに、と。


断絶 するのだ
今育ちつつある過去の芽を中絶するのだ

でも、どうやって?

体育座り
パソコン眺め
打ち続けるだけ

外は青空、快晴
うちはどんより曇り雨
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ