旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

音楽

バトルイマ、バクホンありがと

バトルイマ


うわーん
ありがとう、バクホン!!!

ほんとうはこういう葛藤的な悩み話は
「先生」になる人が普通に載せてて、
それってアリなのかしら?
って思うんだけど、このブログはずっと10年以上
感じたこと 思ったこと をそのまま書き連ねているので
そのまんまでいきますよん。

医者であり先生である前に一人の人間である私なのだから。



THE BACKHORNは14年以上私のフェバリットバンドなのです。
彼らは私が音楽を通じるのならやっているだろうことをすべて体現してくれています。
この人生のなかで、このバンドの歌に何度励まされてきたか。何度初心を取り戻したか。

いちばんじぶんにもどりたいとき
わたしはいつも 彼らの歌を聴く
いちばん大切なものをとりもどしたいとき
わたしはいつも 彼らの歌を聴く
それがたとえその曲を聴く瞬間だけであっても
いつも なくしたうたは こころにある


まっすぐにいのちをみつめることを
彼らは知っている


「人気もんも嫌われもんもみんな仲良く壊れもんさ
おこりんぼう さみしんぼう あまえんぼう きかんぼうに あばれんぼう
いい善人 悪い善人 いい悪人 悪い悪人もみんな愛しきコワレモノさ」

こんな風に すっと見つめてくれるんだ
わたしの いま を





バトルイマ。



わたしは正直最近不安だった。
ここを出てそれからどうするのか。
頭の中でぼんやり描く人生地図はあるけれど
現実にそれが起きてくれるのかはわからない
それとともに迫る年齢。
この歳になって、貯金なし。すねかじり。
今のところ見当たりそうな仕事は…????
現金が見込める仕事(講師など)よりも本当は臨床をやりたいし。

インドの田舎で外国人1人で

命をかけて、
おしゃれもおいしいものも食べずに
学問に身を投じた
努力した 苦労した 命を削った
その苦労に見合う結果は訪れるのかなあとか

世界にだけでなくインドですら知られてない医学を。

アーユルヴェーダ大学に行ってれば
ホメオパシーに行ってれば…
世界に広まりつつある医学の最高の教育であることが確かな上に
探せば就職先だってあまたあるんだろうと思う

本当にこんなことを終えて
しかも、首席をとるぐらいに猛勉強をして
身を投じて、



収入はあるんだろうか。


結婚はできるんだろうか。




たまに想いを馳せる


私は、医学のフィールドに入らずとも、
フォトグラファーになってジャーナリストになってメディアの世界で活き活きとしてたんじゃないのかなあって

それか人類学者としてネイティブアメリカンたちと一緒に生きてたらそれなりに幸せなんじゃないのかなって




どんなに考えても私の位置は変わらないので
意味ないんだけれども
そんな風に思うのも
当たり前だと思う。



そんな風にほうけてしまう私に
バクホンは叱咤激励をくれるんだ

いつも。いつもいつも。



「たとえ小さく打ちのめされても
くたばりはできねえ


誰も教えちゃくれない
掴み取れ


魂に迫り来る闇の奴隷にはなるなよ」



「君はまだ知らない
それでも世界は素晴らしいことを

君はまだ知らない
いつかは飛べる日が来ることを

君はまだ知らない
たくさんの喜びが待っていることを」(サナギ)




私は
飛びたい
自分で見つけ出した
そして自分自身で掴み取った翼で
この世界に収まりたい

シッダ医学であることも
医者であるのを選んだのも
それが本質的な理由


わたしは
知りたい
この宇宙にある命の秘密を
整体界の天才の野口先生みたいに
シッダーたちみたいに
ブッダみたいに
キリストみたいに
わたしは
そこに届きたいから

生命と本当に向き合って語り合える道を見つけて
人類に道を示したい
先人の素晴らしい人たちが成し遂げたみたいに
もし 私が見つけられなくても大丈夫
シッダーたちがすでにそのメゾッドをすべて書き残してくれてるから
私は媒体になればいい

だけどその目的は

ひとびとが生命の大きな流れの中で
生命の力とともに生きていけるように
その流れから外れない道を

そういう道を
見つけること


収入や結婚や仕事の心配は当たり前。
「たとえ小さく打ちのめされても
くたばりはできねえ」
頭ではいっつも不安になってる
でもたぶんそんなことにはおかまいなしに
私の あゆみは 止まらないよ。


シッダドクターである以前に私は医者で
医者である以前に
私は人間として生きている



今まで必死の思いで得た土台を元手に、
一体それをどうやって見つけていくのか?
それは一体なんなのか。

私はいつか道を見つけるのだろうか?



「もっと大きく もっともっといこうぜ

探し続けようぜ
それが生きている証」(バトルイマ)

「世界のどこかで君を待っている人がいるんだ

one more time we celebrate
I found a place where I belong…

いつでも君の世界の見方の味方さ
続けておくれよ物語を…

…誰も知らないメロディを聴かせてよ」(シメントリー)


「どうかノーミスよりも濃密な人生を」


うん

これでいいんだ私。
このまんまでいいんだ。
就職 収入 結婚 雑音は心を乱すけど
でもわたしはわたしのいのちが求める道をゆく
「One more time we celebrate
We found a place where we belong
We are walking on this winding road...
Sing a song When rain drops
Everything is gonna be alright...

君のおかげで生きてる
だから
だんだん変わって少しずつだって最大限描けるよ」

「戦う君よ」

作詞:菅波栄純

「戦う君よ 世界を愛せるか
紺碧の空に三日月滲んで消えた

何故君は行く 傷つき倒れても
高鳴る熱い思いを忘れはしない

何処までも行けよ 顔をあげて
ありのまま何もかも輝くだろう
今はまだ闇に震えていても
笑いあえる日がくる

ためらうことも とまどうこともなく
いつかは君に幸あれ 光の中で

少年の日々を思いだして
水たまり 反射する飛沫あげて
泥だらけのまま笑えたのなら
何処へだって行けるさ

何処までも行けよ 顔をあげて
ありのまま何もかも輝くだろう
きれいごとじゃなく美しき日々
探し続けてゆくよ

さぁ走り抜けよう この歌を胸に抱きしめ 今
強く強く叫ぶように夜明けは降り注いだ

さぁ走り抜けよう この歌を胸に抱きしめ 今
高く高く羽撃けるさ 晴れわたるあの空を目指してゆけ」

http://www.youtube.com/watch?v=rgBoyDCJEi8&feature=related


この詩の中に、森田的考え方がうかがえます。

泥だらけのまま笑えたのなら
何処へだって行けるさ


「こうすべし」と決め付けず自分のあるがままでよいということ。


”ありのまま何もかも輝くだろう

生きている中に完全なものなどなく
しいて言えば生きていること自体が完璧であり
ありのまま何もかもが輝いているということを
体感すること、はっきりと悟ること。



”きれいごとじゃなく美しき日々
探し続けてゆくよ”

”さあ走り抜けよう”

わかんなくても探し続けて走り続けるということ。



アートは、こころの薬です。

THE BACK HORN

このバンドよりもわたしを代弁してくれる存在はないだろう。

ひさびさに彼らの音を 聴いた

・・・ってゆーかごめん、「パルス」、まだ買ってなかった(涙)
最高傑作との賛辞も。早く入手します。ほか全部持ってるのに!!

ライブも16歳のころから、行きまくっている、THE BACK HORN
「ヘッドフォンチルドレン」のときの彼らは
「ありがとう!!」って何度もいってて
「俺、ギター弾いてるよりみんなの顔みてるほうがいいや」なんて言ってくれた、彼らの人間味があふれ出てくる最高に思い出に残るライブだった。
また、日本に戻ったときのタイミングが合えば、何歳になっても行きたいな。

もちろん初期の、壊れそうな音をぎりぎりで奏でて叫ぶようで
それでも生きることを愛しているのがつたわってくるああいう音も、
それからやさしくなって包むように変化していく音も、
爆発している、それも魂が、体全部を使って爆発するようなあの音も、

そして、

言葉にならないほどの完全な歌詞も、
それを歌う山田さんの全身を使った透明な声も。
そしてベース・ドラム・ギターの音が重なって、ほんとに
THE BACK HORNでなければ出せないこの、音楽。

耳を通り越し、鼓膜をとおりすぎ、それが化学的インパルスとなって
神経回路を通じて脳のエリアに届くのではなくて、
音そのものが心臓に直接刺さってくる、言葉たち。

誰よりも真剣に生きるということを愛し、追いかけている、彼ら。
それが直接音となって魂に響く、そのとき、おなかの中で眠っている何かが産声をあげてそのまま動き出すような感覚に、
わたしは彼らの音によって戻ることができる。

すべてひっくるめてこのバンドのそのままがすきだ。
これからもずっと追いかけてゆくから、
うたって、ください。

ダンテライオン

浅井建一!!(Blankey Jet City)

愛が終わるとき
涙がこぼれたが
想う事は一つ
みんな空がすきさ

まるでぼくたちは
タンポポの胞子
たわむれてるだけ
空の下で

レインコートに雨のしずくがおちて
笑顔を浮かべた
きみのことがすきさ
ラズベリーブルーの草原にでたら口づけをかわす
あまりにも強い風の中で

コトバより
ミライを信じた
あの頃の僕たち二人
大切な
何かをなくして
ゆくような気がするよ
気づかないうちに

気づかないうちに

夕焼けをみた
覚えているかい
屋上にすわり
オレンジ色をみた
二人の間を流れたあの風は今はどこを旅しているのか
空の下で

コトバより
ミライを信じた
アノ頃の僕たち二人
大切な
何かをなくして
ゆくような気がするよ

瞳閉じて想い出ばかり見つめてちゃダメさ
瞳閉じて写したその物語の始まりを

降り注ぐ

太陽は僕たちにくれる
光と愛のかけらを

迷わないで
そのままでいいさ
素直に想い続ければ

いつか出会える

いつか出会える

瞳閉じて写したその物語の始まりを
そして君はほんの小さな光を胸にみつける
迷わないでそのままでいい
素直に想い続ける
迷わないでそのままでいい
素直に想い続ければ



シンプルに。

最近好きなんだ、
明ける星の音が。

このひとの声がかなでる
笛と空の音を聴けば、
すべての人に見放されたと
大げさな寂しさに泣きじゃくる私も
少しはうずくまらなくて済むのか。


”Don't try to live so wise.
Don't cry coz you are so right.
Don't try with fakes or fears.
Coz you will hate yourself in the end.”


”その手紙はいつか記憶を辿り届くでしょう
海の底の 名もない魚は迷う、
その手紙はいつか文字を浮かべ届くでしょう”、

。。。とかけてくれる声はまるで日差しのようだった。

-Akeboshi/明星
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ