旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

短歌

短歌/返句2

もう、なにかんがえたってなんか深みにはまっちゃいそうだから
今日はひたすら短歌を考えるの。


ガラクタの中で僕らは生まれたさ 世代ではなくそれが世界だ



生まれてきた子犬をやさしくなめる舌 白い顔の母親を見た

埋ずもれるような寂しさには夜景を見ながらひとしずくのお酒を

あぁそれでも地球のなかに居るのね 人家の灯に包まれた夢

パソコンの前なんかで感じたことも発見したこともないのにね

その肉の欠片も以前は生きていた あなたを想う夜の食卓

期限切れまんじゅうを寝転んでかじると犬も寄り添う休日

何故だろう やさしい風はいつも吹く私の横もビルの隙間も

招き猫みたいな笑顔はいつか売られてしまうからそのままでいいよ

氷のように冷たい肌を思い出す よみがえる宇宙みたいなやさしさ

資本主義の愛を受けてもう片手で足りぬと自慰をしているのね

この時代に何故生まれなきゃよかった 年表眺め妄想にふけよ

形を変えて愛というのはたどられてゆくのよ それでも歴史を



短歌/返句

新しいかなしみを知る たんぽぽの綿毛のようなおまえに触れて



ひとりかなしみに咲く虹を見た 蝉の静寂に猫を抱く日向

天才と呼ばれる赤子の尻の青痣が消えるまではおしめをしてよ

はるか奈落のそこから仰ぎみるは果てらしさ 青に夢描く

草の上寝そべり日に当たる夢を見る部屋の薄暗さよ

祈りでなくそれは願いだろう 手を併せる君の横には絵馬 

疲れた。年老いた仔猫はわたしの腕を止まり木にして眠る 

血が留まった赤黒く冷たい腕は子を守ろうと敷かれたのね

日差しへと変わった眩しさは 射るような弓を描いた今は泣き痕

種は風に乗るから パラシュートみたく愛しさは咲き乱れるってさ

振り返ればこの頭痛も熱も傷痕も生存特権として体に笑うの



彼の短歌に、10編の返句を考えてみました。
言葉も、彼っぽいのを選んでみたりする暇な午後。眠い。
あー短歌って楽でいいなー。
説明をしなくていいのは私にとって最高に楽でありますです。アート万歳。
面白いし。これからもやろっと。

疲れた。人生が無理。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ