旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

アメリカ

アメリカ銀行開設

アメリカでの銀行解説体験記をいちおう書いておきますね。

アメリカ留学において、色々あると思いますが、
ブラウン大学はたとえばアメリカの銀行口座がないと分割払いができなかったり、
アメリカで銀行口座を開く必要がある場合もたくさんあると思います。
なのになぜか情報が少ない!ので載せておきます。

ブラウンのウェブサイトには

1) パスポート
2) I-20
3) 学生証

この3つが必要とありましたが、

Citizens bank では学生証なしで開設できました。

色々とプランがあって何しろアメリカの銀行のせこいところは
毎月いくらか口座に入金しないと口座メンテナンス料10ドル近くを払わされるところです。
せこい!!!

いくら入金かというのは銀行によって違うんですが
私が偶然入ったcitizens bank では、
いくらでもいいからとりあえず入金があればいいという話でした。

確か他の銀行とかだと何ドル以上…とか色々あります。

せっかくなので、saving のアカウントも開設しました。
月に60ドル自動的に貯めることになります。
そんなこと可能か?!謎すぎるぐらいに飯代が高すぎるプロビデンスですが…。
まじで一食10ドル以上。


Checkingは普通口座で
Savingは定期預金ね。


そして 小切手は無料ではなく小切手セット買うことになる。いちいちセコイ?普通?


 とりあえず、
ビザ持っててパスポート持ってればどこでもたぶん普通に開設できます。
Citizens bankはパスポートとビザのみで学生証いらんかった。



全然難しくないっす。


どこにするか?は条件次第かな?


 

アメリカはすごい×バイオフィードバック

アメリカはまさに実力の世界。
大学も、やる気がない人は即振り落とされます。
よくいわれるように、大抵の大学がそうでもあるのですが、
わたしの通っていた最後の大学The University of Arizonaは
確か8割以上が入学できるのですが、Freshman(日本でいう1年生)から
Sophmore(日本でいう2年生)に上がるときに既にその半分ぐらいが消え去っています。
とにかく実力の世界。

肩書きが何であろうと、中身がよければ、認めてもらえます。
まさに、力があるもの、本当に良いものが、売れ、残ってゆく世界です。
そのへんに見捨てられそうなものも、見込みがあれば、どんどん採用です。



そして・・・



本場アメリカから直輸入!
代替医療の超実力者最前線、というか代替医療界の先駆け、

アンドリューワイル博士プロデュースの

バイオフィードバック装置バイオフィードバックソフトをアメリカから直輸入しました。
http://www.wilddivine.com/


これ、スゴイです。

”バイオフィードバック(Biofeedback)とは、本来感知することのできない生理学的な指標を科学的にとらえ、対象者に知覚できるようにフィードバックして体内状態を制御する技術、技法。主に「リラックスした状態」などをフィードバックすること によって、その状態自体を把握し、すばやくアクセスできるようにし、不安な状態に拮抗させることが目的である。” (WIKIPEDIA)


バイオフィードバックとは上の説明のように、
「嘘発見器」のように体の微妙な変化を感知して
自分がどれだけの緊張レベルに居るのか、リラックスレベルにいるのかを
視覚や音、グラフなどで、教えてくれる装置です。
使用者はそれを通し、自分の状態を客観的に把握できるようになり、
それを使った練習の積み重ねにより、自分自身で自分の緊張度を図れるようになり、
さらには精神状態をコントロールできるようになります。

心と体がつながっているということを踏まえた、現代科学の技術を駆使した療法です。

日本では、スポーツ選手の緊張度を安定させるためなどに適用されていますが、
私の感じるところ睡眠障害系の方や神経症、うつ、パニック障害など、
「自分で自分がコントロールできない、把握できない」人にはとても効果的でしょう。

その感知方法には、
1)汗での緊張レベルの感知 (低コスト) SCL
2)心拍数                   HRV
があります。


話を戻すと、このソフトウェア、
「自分の緊張度がわかる」だけではなく、
それに「瞑想法」や「呼吸法」まで深くアプローチしているのです。
その瞑想と呼吸法の成果は、バイオフィードバックで科学的にグラフで見ることができます。

自分でできる瞑想や呼吸法を学ぶことができ、
他のソフトウェアでは、その方法を学びながらリラックスしてゆくことによって
ゲームが進行する!というすさまじい内容になっています。ゲームなんです。

自分をコントロールしてゆくことにより進んでゆくゲーム。
そして、ゲームとバイオフィードバックと瞑想と呼吸法・リラックス法のコラボレーション。

このソフトウェア、アメリカの代替医療の先陣斬っている方々がコラボで作ったものです。
瞑想と呼吸法をガイドしてくれるのもありがたいのですが、
その効果が、自分で実感できるものの上に、
科学的に心拍数と汗の多さでグラフィック化してわかりやすく観ることができて
自覚ができるのです。

「この訓練を毎日、あなたが映画館にいるとき、電車にいるとき、こつこつと続けてゆけば
あなたが一生使える宝となるでしょう」


こんなにレベル高い製品は日本では流石に手に入りませんね。

アメリカはやはりスゴイです。良いものを認め、作る力があると感心させられた最近でした。


肝腎の「ソフトウェアの感想」は、ステップ別に徐々にやっていく感じなのですが
まずは、「ただ、呼吸を深くし、均等に、静かにする」のを続けます。
それだけで、ずーーーっと安らかになります。

「これは、どこでもできます」とのこと。
この感覚を渋谷の人ごみの街の中で取り戻してみたいです。電車の中でも、訓練できるでしょう。


人は意外にも自分がどれだけ緊張しているか、どれだけつらい思いをしているか
自分自身ではわからないことが多かったりします。
そんなとき、客観的に図ってくれ、さらにその解決策を見つけてくれるバイオフィードバックは
自己訓練には最適でしょう。

さらに、「WILD DIVINE QUEST」はゲーム!
飽きることのなく進めることができます!リラックス法を身につけないと進まないなんて
ある意味修行っぽいですね(笑)

終わった後はすーーーっとして心が安らかに、静かな凪がそよいでいるかんじ。

続けてみたら、一生ものでしょう。

流石、代替医療の実力派アンドリューワイル、さらにはアメリカ。
最新の技術と、瞑想や呼吸法を組み合わせて、さらにはゲームとは。

親しみやすく、それでいてクオリティが高く、一生ものとなる技術が得られる。
むしろ治療に使える。

すごいソフトウェアです~。

バイオフィードバックは、精神訓練だけではなく、それを通じて心臓系統、脳系統の病気にも非常に良いという結果が出ています。

このソフトウェアは「現代のヨーガ」ですね★
実際にヨーガ・瞑想の達人からのガイダンスも受けて進行してゆきます。

血液の循環もよくなり、てんかん・心臓病の人にもどんどん普及してもらいたい
毎日のプラクティスです。

なんか今も、ふんわり、やさしいかんじです。瞑想よりは強くないですが、ゆったりしています。

こんなアメリカ。

今日、ほぼ初めて?差別????を経験しました。

なんかツーソンにたくさんある木になっている
無駄なグレープフルーツやオレンジを収穫して
アフリカ難民のコミュニティに届けるっていう
なんだか画期的だけど超スローな
ボランティアを最近やってるんだけれど、
今日はそこでとあるアパートに収穫に行ったのです。

管理人さんが「無駄だから」と連絡してくれた
3本の木になってるグレープフルーツは、
超大粒な上に大量!で、高いところにあることもあって
日本人2人・ラテン系・アフリカ人(ソマリア)・白人という
インターナショナルチームたちとみんなで時間かけて
木に登ったり、落としたり、落ちたり、がんばってました。

しかし、そのアパートの謎の住人たちは
かなり日常の生活に飽き飽きしておられるらしく、
私たちが楽しそうにしているのを見てあまり気に入らなかったご様子。
普段木になってるグレープフルーツなんて目もくれないだろうに
突然私たちにむかってキレだされました。

一人のおばさんはサングラスをはずされないまま(アメリカじゃ普通)
ずかずかと寄ってこられ、
「私はここの家賃払ってるの。だからこのグレープフルーツもってくわよ」
ときっぱり言い張られました。
管理人さんが「あんたはこの木には金払ってない」と言っても退かず、
この収穫の意図を説明すると、
「この国には移民が多すぎるわ。ゲートを閉じるべきよ!」
と言いはじめ、「私の息子は韓国人と遊ばせないのよっ」と
わざとらしくはきすててらっしゃったり(したらしい)。
(=アジア人近寄るな)

「じゃあ、もってってください」と渡したグレープフルーツは
なぜかごみ箱へ。
「ごみ箱が臭くならなくていいから」だそう・・・。

え?何?
もしかして、うちらがアジア系・ラテン系・黒人だったから
気に入らなかっただけとか??
白人もいるんですけど・・・でも。

困ったのがおっさん。

「何やってんだ!お年寄りは木に登れないこと分かってるくせに!
お前ら、全部とってくんじゃねえぞ!!!」
と何度もこっちに叫んでいらっしゃったので
「なら、いくつかおいてきますよ」って言うと、
「いや持ってけよ!!!全部もってけ!!」っておっしゃった後、
また、「全部とっていくんじゃねえ!!」とキレてらっしゃいました。
・・・私までキレそうになったけど、まあ、こんなのもおもろいか。

逆に、「がんばれ~」と応援してくれて、
手伝ってくれる優しいおじさんとかも居て、
色んなアメリカの姿を見させてもらったかも。

ボランティアの超スローなアフリカンタイムで暮らすリーダー(白人)
(放っておいたら2時間ぐらい何にもしないで
彼女の家でうだうだすることになって危険)
に話したら、
「いっつもそうだから大丈夫よ」と笑ってました。

平和なアパートコンプレックスでの
超暇な時間を持て余すひとたちの日常には
とてつもない大惨事だったんだろうなと
思い返してみてみたり。

アメリカのクリスマス

は、家族専用です。
店とかは全部閉まります。
留学生は入る隙間がありません。
寂しく一人で過ごす以外道ないです。

今日からフランス人のルームメイトはフランスに戻り
そしてジャマイカ人は自分のクリスマス祝うために帰国で
ルームメイトゼロ・一人暮らし生活です。まぁ旅出るけど。

今回何人かの方にクリスマスディナーに招待されたけど
行くゆとりがなく一人でハンバーグとか作って
一人でワイン空けて今べろんべろんに酔ってます。
梅酒マジうめー。ジャマイカ人も気に入ってました。

アメリカのクリスマスのまだマシなところは
日本みたく100%商業主義な臭いがせず、
意味不明な全く根拠のないカップルがすごさなきゃいけない
だとかそういう理解できないものがないことです。

でもプレゼントはあります。
友達は彼女に、ジャケット・本・イヤリング・ネックレス
買ったそうです。多すぎじゃねえのかソレ?
ってつっこんでみたら、「これでちょうどいいと思った」らしい・・・。
まぁ、いいか、ラブラブってことで・・・。

私もワイン・本・ジャケットを貰いました。
ジャケットめちゃかわい~~まさに私好み!
本はドラゴンについて!大のドラゴン好きなのですわたし。
竜とか飼いたい。

なんだろな~アメリカのがもっとトラディショナルではあって
私にとっては嫌いなクリスマス(日本のクリスマスなんか嫌)も
まぁ許せるかな~みたいな感じ。

面白かったのは
「クリスマスには教会がいっぱいになるから
今のうちに祈っておこう!」っていう教会の広告。
絶対変。

アメリカ事情。

なんかマイペースすぎるのでしょうか。
私が当たり前だと思ってたアメリカ経済事情を書き出してみます。

こういう事情があったから、
一番影響があるであろう国境に来てみた、ってのもある
んだろう。いやほんとは何も考えてない


◎まず、アメリカ国内の人口について。

・メキシコ人(違法)>アメリカ人
(本当です!!)

メキシコ人は掃除やゴミ収拾など、
アメリカ人が嫌いな仕事をする上に安く雇える
(不法滞在の場合特に)。
と、いうわけで、ウォルマートに行ってみましょう!
ちょっと掃除してるおじさんおばさんの顔見てみましょう!!!
きっとみんなちょっと濃い目に黒髪です。
青い目に金髪なんてなかなか見ないぞー。
(エルパソ自体少ないか)

どれぐらい安く雇われているって・・・?実際に聞いてみましょう。
「ドイツ人がドルなら・・・メキシコ人はドルってとこかな」
(2004年・ニューメキシコ州で調べました)

さらに、
「メキシコの第2の輸出物は人間
という事実もあります。(=出稼ぎ移民

不法移民はかなりアメリカではホットなトピックになっていて
カリフォルニアでは極右知事、アーノルドシュワルツネッガー
が色々ごちゃごちゃやってるよーで
国境のエルパソ・ツーソンにはつい最近ブッシュ来ました。

年間何百人も国境を越えるのを見つかり
殺されているという事実、
(KKKも絡んでいるようです)
そしてこの冬の、骨の髄まで凍りつくんじゃないかという寒さを
考えると・・・、ちょっと笑えないです。マジ。
毛布を買うお金がある私は、
幸い凍え死ぬっていう恐ろしさがないし、
生活にも焦りません。

長々と書いてしまいました。

◎そしてアメリカ経済について。

実は崩壊寸前だけれど
ドルを何とか世界の共通通貨にすることで
強行突破中。

そんな感じで。
はーもーいやだ。こんな不平等。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ