旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

エルパソ(国境)

素人のプロ。

もしかしたら
フォトグラファーをやらせてもらえるかもしれないって話が
迷い込んできた。校内新聞の。給料有り。

いいのかこんな素人でって感じだけど、
もし雇ってもらえるなら金も入って技術も教えてもらえて
かなり理想なんですけど。お願いします!
しかもそこのみんなすごい良い写真撮ってるし!!!
チーフさん素敵な上(笑)色々技術教えてくれたし既に面接の時点で。

辞める人の1人の枠に6人以上応募しているらしいけど
たぶん私らしい。って話を色んな人から聞いた。
たぶん、って何?まだ決まってないのね。
ええええええマジで私だといいなああああああ!!!!!

気まぐれ

気まぐれだから
冬休み メキシコ旅しようと思ってたけど
もしかしたらずっとここに居るかも。

国境について色々知りたいと思って。いい機会じゃん。
写真もいっぱい撮りたいしさ。
来年にはここには居ないだろうし、って思ったら
メキシコなんていつでも行けるじゃん、って思い始めて
もっとここに居る時間を大事にしたくなってきた。

ゆーてっぷ@映画

ゆーてっぷってのはうちの大学の愛称。
University of Texas at El Paso

なんと、ハリウッド映画になるそうです!!
っていうか、なったそうです。もうすぐ公開だそう・・・。
なんで??????こんな名もなき大学を。
謎すぎるけど、まぁ、面白すぎるからよし!!

そして、なぜかブータンの映画を立て続けに観た。
さすがうちの大学!ブータン映画を上映するだなんて!!
おおおおおおお
映画の中にあるのはうちの大学の校舎じゃあないか!!!!!!
旗も!!うちの大学の校内にある旗と同じじゃあないか!!

大学内の博物館に行ってみました。
メキシコの文化・州・伝統の展示が!

アメリカからは遠く離れている気がする、やっぱり。

ここはエルパソ国?

国境の生活という政治。

「エルパソに居るときは俺
政治のことなんて考えもしないけれど
ファレスに行くと
どうしてこうなってしまったんだろうと
悩んでしまうよ」


・・・明らかな格差がある。

死者の祭り

Dia de los muertos
メキシコの、ネイティブアメリカンの儀式とMIXされている
伝統的なお祭り、死者の祭に行った。
友人にどこであるのか教えてもらい、地図書いてもらい、
旅の指差し会話帳酷使して
ひたすら路上の人に聞きまくり、バスドライバーに聞きまくり、
バス&歩きで2時間かけてやっとたどりついた。
一緒に行こうよって誘った友達は物凄い心配して待っていたそう・・・すまん。
何で国境越えるだけで英語通じないんだろうか。おもろいなぁ。

ネイティブアメリカンたちは、
死を、
新しい世界での生の始まりとみなして、祝福するそう。
だから彼らにとって死の意味は終わりではない。

メキシコ人は、
死すらも、
笑いに変える底抜けに明るい気質だ。

そんな2つの精神が融合して、死人のためのものなのに
Alter(死者1人1人を祭る祭壇)にもジョークが満載の明るいお祭りだった。

死んだひともきっとそうやって明るく思い出してもらえて嬉しいだろう
と思ったその傍では

世界最高の殺人率、ファレスで10年間おき続けている
レイプ殺人の人のために祈っているところもあった。
お香のにおいが強かった。マスコミに囲まれる中
静かに、ネイティブアメリカンの言葉で祈りを唱えるひとびとが居た。

写真もーすぐUPしますわ。

UPしました:
国境まつりたち
ハローウィンVS死者の祭 ってことで。
大学に居た仮装部隊とメキシコのお祭り、どっちがお好みでしょう?!
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ