旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

インド哲学?

パディ・パス・パーサムとキリスト教~我々的解釈~

シッダ哲学では非常に大切な、なんというか・・・私たちがこの地球上で生きる目的、
生まれてきた理由を説明するセオリーがあり、それは「パディ(主)・パス(私たちの魂)・パーサム(主と魂を別々に隔てるもの)」です。

パディ:主・グレートスピリット・Something Great
パス:私たち・魂・生き物すべて
パーサム:覆い・壁・私たちとパディを分ける存在・そして同時にこの世の全てのものはパーサムからできている

創造主が我々を創ったとき、
もともとパディ(主)とパス(私たちの魂)はひとつだったのですが
パーサム(壁)のせいでバラバラになってしまいました。

完璧な姿というのはパディ(主)とパス(私たちの魂)が一緒になること(※注意:”ひとつ”ではなく、”ふたりでひとつ”なイメージ)
パーサムで創り上げられている世界にいる私たちが一生懸命パディ(主)に近づこうとする・・・
(まるで、精子が卵子に向かっていくような感じ)

それが私たちが生きてる「この世」であり、私たちが産まれた理由だとしています。


一体、何が原因でそんなことになってしまったのか。

このヒントは、もう1つ大切なシッダ哲学の要素、「アーナバン(エゴ)」と
キリスト教のアダムとイブの話からヒントを得ることができます。


本来私たちは完璧な存在で、主と一体だったのですが、
ほんのちょびっとの「疑問」を感じたために、
パーサムに隔てられ、主との壁ができてしまいました。


これは、アダムとイブが楽園で幸せに完璧に過ごしていたのに

ヘビにそそのかされてリンゴを食べてしまったために
自分の存在に疑問を感じてしまい、楽園を追われたのが私たちの起源であるということと
重ねて考えることができます。

この、ヘビって何なのだろう?と思うのですが、

これはシッダ哲学での「アーナバン」にあたるんだろうと考えられます。


アーナバンは、現代語でいうと「エゴ」、すべての諸悪の根源であり
「これは私のもの」というコンセプトを与える存在です。これはこの世にたったひとつであり
すべての人たちがこのアーナバンを共有していることになります。
エゴは世界でたったひとつなんですよ!!!!
※ここで知っておいていただきたいのは、エゴは「自意識」とは全く違います。
自意識はいわゆる「自己の認識」「自分という存在の認識」「自分の魂の存在の認識」
=”我想うがゆえに我あり”
というだけであり、全くもってエゴとは別の存在です。ここらへんは、現代心理学でも指摘されていることだったはずですよね。



ヘビがそそのかした。

アーナバンは諸悪の根源で魂にくっついていて取れない。


どちらでも、「ヘビ」は、アダムとイブとは別の存在であり、
アーナバンは魂とは別の存在と言っている。



私たちの中で聖書のストーリーのヘビとこのアーナバンの存在が重なったとき
聖書のいう「私たちの起源」と
シッダ哲学のいう「私たちの起源」は同じことを指しているのだということが分かりました。




わたしたちはむかしは完璧だったのに
それが「何か」によってぶち壊され
本来いるべきところから、隔離されて生きている
だから
また、完璧な世界に戻るために、ここでそれを求めて旅をしている。

それには、様々な道がある。


Some act
Some sail
Some sing
Some dance

神に問う

「わたしが神様だったら
こんな世界はつくらなかった」
ーチャットモンチー

「カリユガの時代に、
正義を打ち立て、
悪を根絶するために、
私は自ら、
何度も何度も
この世に生まれ出る」

とゆった尊神クリシュナ神よ、
ならばなぜわたしたちは今苦しんでいるのでしょうか。

きっとこのクリシュナ神の言葉は真理だ。
カリユガという、人が物質主義に溺れ病理や悪にのたうちまわる時代に
クリシュナ神は奇跡をおこしている。
マザーテレサやガンジーもわたしはクリシュナ神にはほど遠いけれど
その兆候の現れだったと信じてる。
どんな時代にも光はあり、どんな暗闇にも希望はある。
暗闇も、光がなければ存在しないように、
そしてたった一本のマッチが、暗闇でかすんだ手を温めるように。

「尊きお方、クリシュナ神、
わたしはあなたに手紙を書きます。
神様に手紙を書いたあの人たちのように。

だけどなぜじゃあ
わたしたちはのたうちまわっているのでしょうか?

あなたが悪を根絶するために
何度も生まれでてくるならば
そもそもなぜ
わたしたちは
こんな時代に生まれたのでしょうか?

あなたが
何度も何度も
この世に生まれ出るのならば、
そもそもなぜ、わたしたちは
悪に苦しんでいるのでしょうか?

そしてなぜ、
その中さえも
幸せだといえるひとたちが
たくさんいるのでしょうか?

わたしは
ひとってすごいとおもいます。
どんな暗闇の中にもあなたの姿を発見し
何もないところから何かを創造する力があるのだから。

尊神クリシュナ神、
あなたが一番よくご存知かもしれませんが、
ひとは、
どんな苦しみの中にも
光を見いだし
こんな風情にも
生きているのです。」

だからわたしは衆生をこよなく尊敬し、
救いたいと、救ってほしいと願う。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ