旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

日本

お気に入りラブホテル追記

行ってきました。

バリアン横浜店


すごいです~。
超、癒されます。


ラブホじゃー、ないですよね、ここって。
実際3~4人で泊まることも、一人で泊まることもできるしさ。
ラブホに入れるとしたら、革新的な存在ですよね~。


豪勢に岩盤浴付の高いところに泊まってみました。


とにかく木を使い、花を使い、バリの家具で飾る部屋は
センスが問われるのみで、お金はそこまでかかってないと思われます。
さりげに置いてある小物がおしゃれなんです◎
隅っこに置いてあるんです。

さらに、普通の電球にぽこっとおしゃれなカバーをかぶせるだけで
雰囲気アップです。

岩盤浴室にも、さりげなくバリの置物があったり、
トイレにも絵が飾ってあったりして
細かい部分に、「安心してほしい」サービス精神が感じられます。

トイレには木の壁、絵、置物がさりげなく、
お風呂はゴージャス気分で大理石調、
ご飯は1000円以下のリーズナブルで激うま、
ベッドの奥(?)には、素敵な盆栽っぽい観葉植物とカエル置物。

ベッドの枕元にさりげなく置いてあるゴムだけはラブホっぽさがありますが
それをバリの木でできた可愛い小物入れに入れて、花を添えて置いておくという細かさ。

「味保証制度」があり、まずい飯は理由を書いて提出すると
それと同額の食事券をくれるそうです、
が、
おいしいんです・・・ まずいなんて言えません。


そんなサービス精神はどこまでも・・・


・・・最後なんて、フロントの方が心配して傘くれました!2人分。


もともと超安い1000円ぐらいの
ロビーにあるバリ土産店で使える500円クーポンがもらえます。
もともと買い物していきたいこちらにとってはサイコーです。
500円以下の物もあるので、
頑張れば無料でバリのお土産ゲットできるってコト~。


ここの経営者って何者・・・?ご存じの方いませんか?


GWぐらいにあったこんな催し物
ごはん・飲み放題・バリ舞踊・バリ生音楽演奏で
2人で3000円!!!安すぎ。


行くたびに楽しい系列のホテルですねー。
リゾート姉妹店ももっと行きたいですー。安いプランがあれば。

お気に入りラブホテル★サービス精神について

日本といえば・・・??

・・・ラブホテルですね!!!!!(えぇ?)

なんで?と思うかもしれませんが、
ラブホテルには日本のクリエイティビティにあふれた文化が詰め込まれています!!
真剣に、「ラブホテルについて」の研究本、文春からも出ています(批判されまくりですが)。
真剣なラブホ論について展開する教授が居てもおかしくないと思う人は少なくないと思います!

ラブホテルは、日本にしかつくれないでしょう!(韓国はライバルですがね)

日本ならではの、
清潔さ、
たのしさ(例:カラオケ・レインボーバスなんて当たり前ですよね)
こだわり、
おしゃれさ・・・

そう、細部にいろんな「工夫」がみられるんです。
だから私は好きなんです。ラブホテル。

「悟り」によって「治癒」を導く内観療法や森田療法を編み出す日本の感性は
昔は「連れ込み宿」と呼ばれていた宿に、
ホテル」に「LOVE」をつけてしまう!という
独自の発想をもとに(?)身近でおしゃれなものに発展しました。
いまどきのラブホは、とってもファッショナブルです★★


無料ケーキサービス。
朝食サービス。
ウェルカムドリンクサービス。
無料コスプレサービス♪
無料大型スクリーン映画サービス(映画は普通の映画)
貸切露天風呂♪
ひろーいお風呂♪
ひろーいベッド♪
和室もついてるときも♪


さらには最近は予約だなんて当たり前!!!



アメリカのモーテルなんかに泊まったって、どこも同じですが・・・
ベッドがあってバスがついてて、朝はドーナッツとコーンフレークがついてくる。

それに比べ、ラブホテルは一軒一軒、個性がありますっ!←強調!!



「安いから」と使われていた「モーテル代わり」のラブホテルも
最近では「ラブホだから」という理由で泊まる人も多いのでは?と予測。




さらには、最近では、

ひとりでも余裕で泊まれるビジネスリゾートホテルも兼ねたラブホ(?)

までも誕生しています。





最近の都会人にとっては、ラブホテルは都会のリゾートなんですっ。(言い切り)




一緒に居てくれる相手さえいれば、さらには・・・
そこは・・・・


二人きりの空間★★★


何してもよし!!

あんなこともしてもいいケド、お風呂ゆったり入ったりとかー、
おいしいごはん食べたりとかー、
TSUTAYAで無駄に380円ぐらいする映画を無料で観れたりとかー♪
コスプレで、普段は着れないような服を着てみたりとかー♪
ひろーいベッドで、ひたすら寝たりとかー♪(笑)


遊び方は人それぞれですよね♪


とにかく、「連れ込み宿」的に使ってる人は
ほぼ居ないのではないかと思われますラブホ。

もちろん、身元証明必要ないので、
部屋の中で毎日何が行われているかとても気になる世界ではあります。
いろんな違法行為がありそうですよねぇ~。


イントロが長くなりましたが、そんな、ラブホでもほとんど行けなくなった最近は
(行くノリノリの相手居ません。)
お気に入りのところで、
記念日のように使っているところがあります。

ホテル・バリアンリゾート



ここは、ラブホテルという感じがしません★
フロントも、あのタッチパネルで、あの、顔が見えないやり方じゃなくて
堂々とスタッフさんが働いてます。
普通のホテルです。

普通のホテル×リゾートホテル×ビジネスホテル が このホテル。


他にもいいところはいっぱいある、と聞きますが、
私はここのサービス精神がお気に入りです。ホスピタリティを細部まで感じます。

ロビーでは、ドリンクが飲み放題★ ワインも飲み放題★
二人っきりになれるカーテンで仕切ってある空間も、オープンなビリヤード台もあります。
スイーツやおいしいお水も無料でお部屋に持っていけます。

ラブホの店員ってめちゃ愛想悪いイメージですが、ここの人はサービス精神にあふれてます。
言っちゃいけないかもしれませんが、お客さんの気持ちを理解してくれて、
700円ぐらいするフラワーバスを無料にしてくれたり、
サプライズに協力してくれたりとか・・・


・・・既に、ラブホテルじゃないですね・・・。
連れ込み宿では、確実にないですね。



実際、系列的には、リゾートホテルが多いんです。
伊豆に3件リゾートホテルを持っています。



・・・凄いサービス精神は、なんと、↑のラブホに5回行くと(RESTでもSTAYでも)
伊豆の、1泊3万円ぐらいするリゾートホテルに無料で招待してくれる!!
・・・そんなところにも表れてます。


バリ風がテーマですが、売っているお土産品も1000円ぐらいで安いもの多し。
経営者の方がまとめたバリの本もありますが、バリの文化歴史を写真で紹介しレベル高し。


ここ、なんかくつろげて、好き。


細部の工夫は・・・ 凝ってると思います。


高くなさそうなココナッツのアクセサリー入れを女性用に。
そこまで高くないだろう布をベッドの周りに巻いて、天蓋ベッド♪
バリ輸入家具でまとめているので、狭い部屋でも安心感があります。
木を多く使っているからでしょう。


この前、ここ系列の伊豆高原にある「ホテル アンダ 別邸」に
なぜか超格安で泊まれるプランがあったので、行ってみました。


場所は・・・ 別荘地でした。

別荘地に、ホテル・・・♪

こっからして、楽しいです。


部屋着も浴衣じゃなくて、チャイナ服だったりと、
どうでもいいようなところに、こだわりがみられるんですよねー。

しかも、金がかかってない、気がする。

布の使い方とか、そのチャイナ服だとか、カエルの像をちらほら置いたりだとか、
あとは冷蔵庫の中のドリンクを全部無料サービスにする、だとか・・・

そういうやり方でお客さんを満足させるんです。


なんだか、独自のこだわりがあって、それでいてリーズナブルにこなしている、
とっつきやすいホテルでした。高いホテルみたいに、つんとした雰囲気がない。
それがいいのか悪いのかはお客さん次第ですが、すごしやすい感じです。


・・・ここの経営者は何者なんだろう?と思わされます。


とにかく、お客さんがどうやって、お金をかけずに、「うれしい」と思えるのか・・・
それを徹底追及、してる感じがある気がします。

私は行くたびに楽しいし勉強になる系列のホテルです。
他のホテルも泊まってみたいです。


ラブホじゃないですねー
期待した方ごめんなさいねー。

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ