旅をする木

生きるという旅をすることは、人と人という繋がりの橋を渡り続けること。 そしてたまに眠りもう会わない人の夢をみて休むの。 ケララ州トリバンドラムの小さな田舎に7年住み、 南インド伝統医学、外国人女性初のシッダドクター(首席卒業) 2016年8月〜 現在ブラウン公衆衛生大学院修士課程在学中。 このブログは10年前から続けてる日記みたいなもので いわば個人記録みたいなものです。わたしが忘れないための。 三聖病院での森田療法体験記、 彼が死んだときに旅をした話 アメリカのときの話 インドの話 シッダの話 ほかにもいろいろと ずっと書いてます。 きてくれて、ありがとう。

診療記録

インフルエンザ、でも必要

はあ。

B型インフルエンザにかかりました。

最初風邪だと思っていたので、ホメオパシーをのんで次の日ぐらいには治るだろうと思っていたら
めっさ声枯れ枯れで熱も39度近く出てるやん。

でも39度ぐらい出ても、ホメオパシーでもシッダでも治るので、笑、
でもまあ良くなってないのでホメオパシーのポテンシーを変えてみて、
それでもよくならんので、シッダの薬も飲んで( こういう系はほめおが優先の私)・・・
これでもよくならないって、やはりインフルエンザ・・・?という疑惑を持ったので近くのクリニックで検査に行ったら、B型めちゃめちゃ陽性でバリバリの反応でした。はあ。

インフルエンザはそうとう時間かかりますね。

・・・明日講習に来られる予定だった方は申し訳ありませんです。
でもインフルエンザだから、ちょっと講習は延期です。

講習前なのに!とすごいここ数日ストレスだった訳ですが・・・
インフルエンザと判明して、
講習を延期せざるを得ないということがわかり、
最近の事情(大学院落ちたとか、親とぎくしゃくしているとか、イライラしてるとか)を踏まえると

なんか、

神様が

「休めよ」

って言ってる気がします。


だから生き急がず休みます。



「大学院も講習も親も大事じゃないんだよ全然
アユミが一番大事なんだよ!」とクベラン。その通りだね。格言です。


今までも休んでるつもりだったんだけど講習のために体調なおさないとというすごいプレッシャーにて
正直あまり休まってなかったかもしれない。

なんか休むべき時期なんだと解釈し、
休めよと身体と自然が教えてくれるんだと思って、

この恩恵を、たのしみます。

講習のために予定を空けて、遠くからいらっしゃる予定だった方がたにはとても申し訳ないですが

この体験談も活かしていきますので、宜しくお願いします!w



とにかく


風邪とかさ
インフルエンザとかさ


休めよ


ってことだよ、マジ。 




ちなみに近所のクリニック、漢方専門医の先生だった。全然知らなかったわー。
ホメオパシーも普通に知っててカルテにホメオパシーって書いてたし奥さんは薬膳やってるって。面白かった。 (シッダは知らんと思うので、インドの生薬と言ったら、「どんなのなんですか?」ととても興味ありそうだったしw)


ーーーー
ぜんぜん 休んどらんじゃん私w


えっとね、ここに書いておきます一応。
マニアックすぎて誰も真似できない処方の数々を。
※ホメオパシーは、日本のホメオパシー薬の質がどうなのかわからないからこれを真似してもよくなる保証ないっす。

土曜あたりからなんとなく身体がだるい=>予定をキャンセルして休む。
・ホメオパシーRhustoux 30x
 
日曜日:1日中寝ている、喉が痛い・声が枯れている
・ホメオパシー Rhustoux 30x ・・・効くなら一瞬で効くはずのホメオパシーがあまり効力ない感じのため、200xに変更
・シッダ:ティッピリラサヤーナム、カストーリカルップを喉と感染症のために服用

月曜日:正直Rhustoux200xと熱に効くカストーリカルップ、呼吸器系のティッピリラサヤーナムを飲めば、もう1−2日ぐらいでよくなるはず、なのに・・・

喉はまだ劇的に痛いし、痰は黄色いのが出るし、 声はめっちゃ枯れまくりだし、身体だるいし、、、
下痢でお腹痛くて食欲皆無。

私の診断が間違っている。

・ホメオパシー:Rhustoux 200x なぜ効かないのかちょっと怪しげに感じ、下痢 吐き気 つーことでArsenic album 200x を混乱しながら足してみる。
夜に、もしや、この場合はPulsatila 30xではないのか?と思い、1回服用。
・シッダ:喉が痛すぎるので アーダトーダクディニールを昼に作り、
ウイルス風邪である兆候が見られたので(身体が少し痛い)ニラベンブクディニールをカストーリカルップに混ぜて服用
熱は38度7分+ 39度近く見られるときもあり。


火曜日:お腹痛いし月曜からほとんど何も食っていないし下痢。

シッダ:もーホメオパシー一瞬で効くはずなのに薬合ってないっぽいのでとうとうシッダ医学の熱病用の薬を取り出す。 熱のために、ブランマダバイラバマーティライ 2錠 & ヴァサンタクスマカンタマーティライ2錠 を 1日3回。
くそつかれすぎていたので、 はちみつととらなきゃいけないのをめんどいのでティッピリラサヤーナムと共にとったときもあり(笑)

ホメオパシー:自分のホメオパシーの診断外してると思ったので、
インドのホメオパシーの大師匠である先生に電話。
(この先生の腕を数年で盗んで、数種類だけホメオ処方できるし、先生もシッダを処方しているw)
十回ぐらいしつこく電話してやっと出てくれた。
やはり私が思ったようにPulsatila が適役らしい。 
ラストックスは中止。 Pulsatila 30 x に変更。
食欲 のど 熱 ー ナックスボミカ または パルサティラ。

水曜日。

なんか夜中に目が覚めて1時から8時ぐらいまで起きてた・・・最悪。何やってたんだろうね私?
その間になんども体温を測ったのだけれども、39度近くありました(笑)
なのに起きてた私。そうだ、なんか、この状態じゃ買い物いけない講習の服買えねーじゃんって焦りまくってネットで服買ってた(涙)かわいそうな自分。
喉痛いし、頭まわらないし、何度測っても39度近くある熱。

ブランマダバイラバマーティライ(シッダ) も パルサティラ  (ほめお) も効かないじゃん!とブチ切れてた。


し か し、


朝になって、8−11時ぐらいまで寝ると・・・

なんかすっきりして、熱も38度以下に下がってた。(37度6−7) わお!!!!!!!

そしてインフルエンザ検査にいけるぐらいの元気も取り戻した!
そのあとコンビニ行っちゃうぐらいの元気も!!

黄色い痰の咳もするけど
鼻水も白いぜ!!!


さらに、お腹めっちゃすいて、
普通にオムライスとか、おでんとか、普通に食べれちゃった!!
食欲復活!!!!!!!
前日までポカリしか口に入れられなかったのに。


やっぱしすごいぜホメオパシー とシッダ!!!
一晩でめっちゃ元気になった!!


っていうか今回の場合シッダなのかほめおなのかどっちが主役かわかんないんだけどさ。焦って両方飲んだから。

でもとりあえずシッダのブランマダバイラバマーティライと、ホメオパシーのパルサティラ、助かりましたありがとう!

まだまだ治療続けますけどね。


いや、ほんとにね、例えば抗生剤飲むと下痢の副作用になっちゃったりする人とかいるんだろうけど
ホメオパシーやシッダはそういうの一切ないから本当に良いし、
即効性が本当にありますよね。

明日はホメオパシーナックスボミカ200を飲みます。 

 

木曜:

インフルエンザ検査をしなかったら講習できたんじゃんぐらいの勢いで回復。
やっぱり薬が合ってるとめちゃ効くね。

でも微熱と咳があるので、

ホメオのナックスボミカ200
シッダの薬は鼻水のヴァサンタクスマカンタ一回

飲んで、休みます。


だから私はとーぜん インフルワクチンなんてしないし、
ホメオパシーで十分インフルに対する免疫とかついてるからめちゃくちゃひどくはならないだろうし
ホメオパシーやシッダでインフルエンザやデング熱などの熱病はラクーに治せることを知ってるので、
正直全然怖くいです。
この意味では薬とドクターが豊富なインドに住むってめちゃ安全・・・。 

インターン2週間目

今日で2週間!!
慣れてきた頃ですよね。
なんか思ったように勉強が進んでないのでいらだってたけど仕方ない!!

うちの大学病院は、無料の診察じゃないためもあって(あと医者がそこまで腕がいいのがいない…
いい医者はみんな他に行ってしまった・・・)外来患者がすごい少ないんでくそ暇です。
こんなこと暴露したら、
「アユミは研修医って言ってるけど研修受けてないんじゃ?大丈夫か?」って思われそうですけど、
いちおう5か月は政府病院で
外来患者が1日100人ぐらい来るところでみっちり修行させられるらしいですけど。
(でも100人来られても、訳わからなくなるだけなので、1日10人以下ぐらいでいいです・・・)

でもこのメインの大学病院がもっと充実しててほしい・・・ 
まあ、いってしまえば、誰も構わないので、
パソコンやったり、勉強したり、外来診療に参加したり、入院患者と話したり、ひそかに隠れてる伝統医の先生のところに行ったり・・・
好きに動けるんですけど(あと家で寝たりとか)
この時間を有効に使いたいところです。





で、今日のできごと!

今朝はなぜか校長が外来診療のところにいて(なんで?)
面接試験並みに質問攻めされました。解剖学、微生物学、内科えとせとらえとせとら…
解剖学我々はくそ苦手だっていうのにー

でも、「ちょっとちゃんとしっかり知らないとやばいんじゃないの?こんなあやふやじゃ」
解剖学もっかいしっかり学びなおさねば~ 特に臓器系!!!やべー!!
と思わされたのでオッケーです。


そしてなぜか今日はいろんな人に質問攻めに遭う日で・・・

看護師さんにも「患者さんの嘔吐物の色が黒かったんだけど、原因は何?」って聞かれるし
(なんでしょう・・・っていうか薬かもw)
患者さんにもマレアラム語で「胸痛いんだけど大丈夫かなあ」って相談されるけど
マレアラム語で突っ込んだところまで聞けない!!!!!!!という壁にぶち当たって、



とにかく、



勉強しなきゃ!!

とにかくまず、
タミル語とマレアラム語!!!!!
タミル語とマレアラム語!!!!!!!!(繰り返し)

そしてもっかい基礎医学!!!!


って超思わされた日でした。


まあ、うちの大学病院は勉強に適しているので、毎日マレアラム語の先生の診察を聞いて、
患者さんと話そうとすれば、たぶんマレアラム語できるようになるんじゃ・・・
今も大体なんとなくわかるし・・・。
毎日5文字ずつぐらい、読み書きも一応勉強中です。
それと同時並行でタミル語の文法・・・。


言語は毎日少しずつなので、1語ずつだけでも増えていけば、
なんとか自力で現地人の診察・現地語で処方箋がかけるレベルまでいけるはず
と超ポジティブに考えて意識して生活してみます。



まず自力で診察できるようになるためにやっぱり言葉頑張らなきゃ!!
基礎医学復習しなきゃ・・・
そして最新医学(再生医療とかエピジェネティクスとか)も学んでおきたいし・・・
やることいっぱい。
体力持つかなあ。

初患者ー宣誓ー

私の初患者は何気にアガスティアナーディリーダーの方々w
光栄ですね。

今は、彼らの健康改善作戦練り中。


みんな良くなってよかったけど、
今続けて診てるのが二人。



一人はしょっちゅう咳や風邪ひいてるので
環境が変えられないから、体質を変えなければ。


他の経験豊富な名医に任せてる(私が仲介)患者さんからも
今の健康に不安があると電話がきて、
その場でいろいろアドバイス。



シッダ医学の名にかけて!!!
そしてこの医学を信じて
一人一人の well being....よりよき人生を送ってもらうために
この医学の名にかけて、
これから先もっともっともっともっとたくさんの患者さんが
病気から解放されて、元気になれるよう、
これから日々、また、手探りの日々です。

もっと学び
もっと知り
もっともっと可能性を広げる
まだ翼は つぼみのまま


とりあえずこの数ヶ月で、
風邪ひきにくくなってくれるか
が勝負どころだな。
もち他の問題も色々計算して作戦練り中。


シッダ医学の名の下で!



記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ